映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「スノーホワイト/氷の王国」は現場の雑談から生まれた?C・ヘムズワースが明かす

52

スノーホワイト/氷の王国」に出演しているクリス・ヘムズワースからコメントが到着した。

本作は、グリム童話の「白雪姫」に大幅なアレンジを加えた実写映画「スノーホワイト」の続編にあたるアクションアドベンチャー。白雪姫とハンターのエリックによって滅ぼされたはずの邪悪な女王・ラヴェンナと、彼女の妹である“氷の女王”フレイヤの物語を描く。

前作から引き続きエリックを演じるヘムズワースは、「スノーホワイト」の撮影中から続編の可能性を考えていたそうで、「この作品のプロデューサーで、おとぎ話をよみがえらせることに長けているジョー・ロスとセットに立っている際、冗談っぽく『ハンターのエリックはラプンツェルやシンデレラも救えたかもしれないね』って話をしたことが始まりだった。それから僕たちはその件を真剣に考えるようになり、『さあ、そうだとしたらどんなストーリーになるだろう』と話し始めたんだ」と製作の背景を明かす。さらに続編の物語について「アドベンチャーの要素をより濃くした作品にしたいと考えていた。だから今回は、映像も、その美しさの表現方法もより楽しく明るいものになっているよ!」とアピールしている。

またこのたび本ポスタービジュアルが到着し、本予告編もYouTubeにて公開された。ポスタービジュアルにはヘムズワースに加え、前作からの続投となるラヴェンナ役のシャーリーズ・セロン、新キャストであるフレイヤ役のエミリー・ブラントと戦士サラ役のジェシカ・チャステインが勢ぞろい。そして本予告編には、悲しい過去を持ち感情を捨てたフレイヤが氷の王国を築く様子が収められている。彼女に育てられた兵士の中にはエリックの姿も確認でき、前作で描かれなかった彼の過去が明らかになることもうかがえる。

「スノーホワイト/氷の王国」は5月27日より東京・TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー。

(c) Universal Pictures

映画ナタリーをフォロー