映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

モトクロス世界王者も「危ないよ!」と驚愕する「X-ミッション」バイクスタント映像

22

「X-ミッション」

「X-ミッション」

「ワイルド・スピード」の撮影監督エリクソン・コアがメガホンを取ったサスペンスアクション「X-ミッション」から、モトクロスシーンのメイキング映像がYouTubeにて公開された。

撮影地は、アメリカ・ユタ州のスイングアームシティ。主人公ジョニー・ユタを演じたルーク・ブレイシーは、「最高のライダーがそろった。興奮を求めるだけでなく、このスポーツの真価を大切にしてるんだ」と語る。このシーンでスタントを務めたモトクロスライダーのスティーヴ・ハフルスタインは、「この場面の見どころは主人公の走行ラインなので、誰も走ったことのない尾根を選んだ」と説明。「高低の差や狭さなどがすさまじいほど難しく、僕らも限界に挑戦した」と明かす。

また、モトクロス世界選手権チャンピオンの渡辺明は「極限過ぎる! そこまでやったら危ないよ! プロの立場で鑑賞したからこそ、本当にドキドキしてしまった」とこの危険なスタントへの驚きを隠さず、映画についても「主人公2人の男たちが目指す極限ミッションに、自分も『挑戦する』気持ちを思い出した」と絶賛している。

「X-ミッション」は、2月20日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。

(c)2015 Warner Bros. Ent. (c)Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー