映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

オダギリジョー×山下敦弘「オーバー・フェンス」9月公開決定、場面カットも到着

176

「オーバー・フェンス」 (c)2016「オーバー・フェンス」製作委員会

「オーバー・フェンス」 (c)2016「オーバー・フェンス」製作委員会

オダギリジョー主演「オーバー・フェンス」の公開が9月に決定、このたび場面写真も到着した。

本作は佐藤泰志の短編集「黄金の服」所収の同名小説を、「苦役列車」「味園ユニバース」の山下敦弘が映像化したラブストーリー。「共に生きる」をテーマに、佐藤自身が執筆活動をあきらめかけた頃、北海道・函館の職業訓練校にて送った惰性の日々を映し出す。妻に見限られた過去を持つ主人公・白岩義男をオダギリ、白岩と恋に落ちる風変わりなホステス・田村聡を蒼井優、白岩と同じ職業訓練校に通う代島和久を松田翔太が演じている。

公開された場面写真は、自転車に乗り何かを見つめる白岩の物憂げな姿。プロデューサーの星野秀樹はオダギリを「立っているだけで心情が表現でき、映画になる俳優」と評し、山下も「オダギリさんは最近の作品を観ていると、すごく素敵に年を重ねているなと思い、主人公・白岩を同世代の俳優の中で代弁してもらえるのは、オダギリさんしかいないと思った」と語っている。

「オーバー・フェンス」は9月より東京・テアトル新宿ほか全国にて公開。

山下敦弘 コメント

今まで世代が若い主人公の作品を撮ることが多く、自分に近い等身大の主人公として、共感、親近感が湧く主人公は久しぶりだった。オダギリさんは最近の作品を観ていると、すごく素敵に年を重ねているなと思い、主人公・白岩を同世代の俳優の中で代弁してもらえるのは、オダギリさんしかいないと思った。

映画ナタリーをフォロー