映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山下敦弘「オーバー・フェンス」追加キャストに満島真之介、北村有起哉、優香

113

「オーバー・フェンス」より左から原浩一郎役の北村有起哉、森由人役の満島真之介、尾形洋子役の優香。(c)2016「オーバー・フェンス」製作委員会

「オーバー・フェンス」より左から原浩一郎役の北村有起哉、森由人役の満島真之介、尾形洋子役の優香。(c)2016「オーバー・フェンス」製作委員会

オダギリジョーが主演を務める「オーバー・フェンス」の追加キャストが発表された。

佐藤泰志の同名小説をもとにした本作は、北海道・函館の職業訓練校に通う男・白岩義男を軸にしたラブストーリー。山下敦弘が監督を務め、白岩に扮するオダギリのほか蒼井優松田翔太らが出演する。

今回、白岩と同じ職業訓練校に通う森由人を満島真之介、原浩一郎を北村有起哉が演じることが明らかに。また白岩の元妻・尾形洋子役には優香がキャスティングされた。

満島は訓練校の問題児・森を演じることを「挑戦だった」と述べ、「悲しみ、孤独、僕の記憶の中にあるいろんな感情が森の行動に宿る気がしていたんです」と続ける。また函館ロケ時の思いに触れながら「今日、その瞬間にその感情がどこにいるか、この映画は観る人、季節によっていろんな感じ方ができ、『今を生きている。』そう強く感じられる映画です」と作品の魅力を語っている。

「オーバー・フェンス」は9月、東京・テアトル新宿ほかにて公開。

満島真之介 コメント

今回の森という役柄を演じることは、自分にとって挑戦でした。
悲しみ、孤独、僕の記憶の中にあるいろんな感情が森の行動に宿る気がしていたんです。
函館という街の歴史や、住んでいる人たちから、人と人のつながり、生きていく強さを感じ、それが力になりました。今日、その瞬間にその感情がどこにいるか、この映画は観る人、季節によっていろんな感じ方ができ、「今を生きている。」そう強く感じられる映画です。

北村有起哉 コメント

ずっとみんなで函館で合宿生活をしていたので、ファミリーのようでとても居心地がよかったですね。1つ1つ淡々と丁寧にみんなで作っていく。
僕も参加しながら「やっぱり映画っていいなあ」と。こんな思いは実に久しぶりだったので、しみじみと心地よさを実感していました。
念願の山下監督ともついにご一緒できたのでうれしかったです。本当に映画が好きな人たちが集まって作った映画ですね。

優香 コメント

山下監督の作品の中に、参加できる喜びと緊張が入り混じって、函館の風景や空気に触れながら、あっという間に過ぎていった数日間。
山下組に初参加させていただき、素晴らしいキャストの皆さん、スタッフさんとご一緒できたこと、本当に幸せです。

映画ナタリーをフォロー