映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

柳楽優弥&菅田将暉が“恐るべき子供”演じる青春群像劇、池松壮亮とでんでんも参戦

514

「ディストラクション・ベイビーズ」 (c)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

「ディストラクション・ベイビーズ」 (c)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

柳楽優弥の主演最新作「ディストラクション・ベイビーズ」に、池松壮亮でんでんが出演することが明らかとなり、あわせて場面写真が公開された。

「NINIFUNI」の真利子哲也が監督を務める本作は、愛媛・松山を舞台にした青春群像劇。日々喧嘩に明け暮れている芦原泰良とそんな彼に興味をもった北原裕也が共謀し、通行人をターゲットにした無差別な暴行や、自動車の強奪などの犯罪に手を染めていくさまを追う。公開された場面写真には、街を徘徊する“恐るべき子供”泰良に扮した柳楽、冷たい眼差しを前方に向ける裕也役の菅田将暉の姿が写されている。

「愛の渦」「劇場版 MOZU」などに出演しキャリアを重ねてきた池松は本作で、泰良との偶然の出会いによって事件に巻き込まれていく三浦を演じる。一方、真利子とは東京藝術大学大学院修了作品「イエローキッド」以来2度目の仕事となるでんでんは、小さな港町で泰良の面倒をみていた近藤役を担当。加えて今回、北村匠海、三浦誠己の出演も明かされた。

ほか出演者に小松菜奈村上虹郎らが名を連ねる「ディストラクション・ベイビーズ」は、2016年5月に東京・テアトル新宿ほか全国にて公開される。

映画ナタリーをフォロー