映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

真利子哲也と喜安浩平のタッグ、オール松山ロケの最新作でエキストラ募集

1008

愛媛県松山市にて撮影される真利子哲也の監督最新作で、エキストラを募集している。真利子はこれまで東京芸術大学大学院の修了作品として制作した「イエローキッド」やその後発表した「NINIFUNI」で注目を集めてきた。最新作は、仮タイトルとして「喧嘩の凡て」と名付けられ、2016年の公開を予定している。

「喧嘩の凡て」は、松山という土地に魅了された真利子が、「桐島、部活やめるってよ」で日本アカデミー賞優秀脚本賞に輝いたほか、「幕が上がる」も手がけた愛媛県出身の脚本家、喜安浩平と共に書き上げた青春映画。

エキストラに関しては、演技経験は問わないが、アクションができる者や運動神経に自信のある者を歓迎しているという。応募締切は5月15日。同時にボランティアスタッフも募集しているので、興味のある人は応募してみよう。

真利子哲也監督最新作「喧嘩の凡て(仮)」エキストラ募集

撮影時期:2015年5月27日(水)~6月20日(土)予定
撮影予定地:愛媛県 松山市
応募締切:2015年5月15日(金)
※性別年齢、演技経験不問
<応募方法>
氏名、年齢、性別、電話番号、メールアドレスを明記の上、写真(バストショット、全身の各1枚)を添付しcasting.ehime@gmail.com(アジア・フィルム・ネットワーク 入江氏)までメールで応募
※書類審査通過者はその後オーディションに参加
※オーディションは松山でのみ開催

映画ナタリーをフォロー