映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

イッセー尾形と染谷将太、「先生と迷い猫」撮影で“小競り合い”楽しむ

87

「先生と迷い猫」初日舞台挨拶の様子。

「先生と迷い猫」初日舞台挨拶の様子。

本日10月10日、東京・新宿バルト9にて「先生と迷い猫」初日舞台挨拶が開催され、イッセー尾形染谷将太北乃きい岸本加世子、監督の深川栄洋が登壇した。

「先生と迷い猫」は、妻に先立たれた1人暮らしの老人・森衣と、亡き妻がかわいがっていた野良猫のミイ、そしてミイの存在に助けられてきた地域の人々の交流を描く作品。

主演のイッセーは、初回にあたる朝9時からの上映を鑑賞し終えた観客に向けて「初日のお客様は特に大事です! 初日は緊張してしまうので、(映画の中の)今日の演技はアガってたと思いますが……だんだん馴染んでくるので」と冗談を交えて感謝を述べる。深川も緊張しているのか、「今まで気付かなかったことに気付くきっかけになるような映画になったらいいなと思って作りました。もしいいと感じていただけたらお友達やご友人にオススメして……あ、同じでしたね、失礼しました(笑)」と言い間違い、笑いを誘う。

撮影時の思い出に関する話題になると、イッセーは「ほとんどリハーサルをしなかったんですよ。そうするとドキドキしますよね? 監督はそれを狙ってたみたいです」と振り返る。染谷もカメラが回っているときは終始ドキドキしていたとのことで、「台本にあるセリフをお芝居していって、そこで終わりのはずなのに、会話が続いていくんですよ。イッセーさんとの共演シーンで『君はその仕事が楽しいのか?』と聞かれる場面なんかも、(アドリブで)小競り合いみたいになってますね」と話す。するとイッセーがそのときのことを「台本では『楽しくない』って言うはずなのに、彼は本番で『楽しい』って答えるんですよ!」と暴露し、染谷は「そしたらイッセーさんが、『おい! 楽しいのか!』って(笑)。それが楽しかったです」と笑顔を見せた。

ここで、本作のメインキャストであるミイ役の三毛猫ドロップが登場。ブリーダーからドロップを預かったイッセーは「よく来てくれたにゃー。今日で忙しいのも終わるからね」とやさしく声をかける。取材陣のカメラにも動じないドロップの落ち着いた姿に、深川は「ドロップが機敏な動きをしているのは見たことがないですね。鼻炎なので、エサで呼ぼうとしても鼻が効かないんですよ。でも早く帰りたがるので、歩いて欲しいときはカゴを見せていました」と撮影時のエピソードを明かす。猫アレルギーの役を演じた染谷は「僕は本当に猫アレルギーなんですよ。でも、かわいいですよねえ。この貫禄に憧れます」とうっとりし、北乃も「ドロップが現場に来ると、なごやかな雰囲気になりましたね」と述懐。ここで気付くとドロップはイッセーの腕の中でまどろんでおり、そのマイペースな姿に会場中から温かい視線が送られた。

「先生と迷い猫」は本日より全国の劇場で上映中。

映画ナタリーをフォロー