映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

松田龍平主演「モヒカン故郷に帰る」主題歌は細野晴臣の新曲「MOHICAN」

269

細野晴臣(左)、永吉を演じる松田龍平(右)。(c)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

細野晴臣(左)、永吉を演じる松田龍平(右)。(c)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

松田龍平主演「モヒカン故郷に帰る」の主題歌を細野晴臣が手がけたことがわかり、YouTubeにて特報映像も公開された。

本作は「横道世之介」「滝を見にいく」の沖田修一によるオリジナル作品。松田扮するモヒカン息子・永吉が、恋人の妊娠をきっかけに、結婚報告のため7年ぶりに故郷・戸鼻島へ帰ることから物語が展開する。父親の治を柄本明が、恋人の由佳を前田敦子が演じ、千葉雄大もたいまさこも出演。

沖田の熱烈なラブコールを受けて細野が制作した主題歌「MOHICAN」は、彼の4年ぶりのオリジナル楽曲。映画主題歌としては「グーグーだって猫である」に提供した「グッド グッド good good」以来8年ぶりとなる。細野が「モヒカン龍平にインスパイアされた」と話す通り、歌詞には「モヒカン」という言葉が何度も登場。完成楽曲を聴いた沖田は「思わず笑ってしまうほど、素晴らしい主題歌をいただきました。細野さんにこの詞を歌わせていいのか、と畏れ多くもうれしい気持ちでいっぱいです」と語り、松田は映画のエンデイングを飾るこの主題歌について「島に住んでいるような、浮遊感のある心地のよい曲だと思いました。映画の雰囲気にぴったりで僕もうれしいです。ぜひこの曲と共に余韻を楽しんでください」とコメントを寄せている。

このたび公開された特報映像では、そんな「MOHICAN」をいち早く聴くことができる。同時に永吉が結婚報告をするシーンや「マジ妊婦つれえわあ」という声を漏らす由佳の姿が映し出されるほか、後半には父・治のガンが発覚する場面も。

「モヒカン故郷に帰る」は2016年3月に広島県にて先行公開。4月より全国拡大ロードショーとなる。

映画ナタリーをフォロー