映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

青山剛昌、ノンスタ井上、三木孝浩らの「ここさけ」絶賛コメント、入場特典も発表

65

「心が叫びたがってるんだ。」入場者特典の「揚羽高校2年2組ウェルカムポートレート」。 (c)KOKOSAKE PROJECT

「心が叫びたがってるんだ。」入場者特典の「揚羽高校2年2組ウェルカムポートレート」。 (c)KOKOSAKE PROJECT

劇場版オリジナルアニメーション「心が叫びたがってるんだ。」が9月19日より全国ロードショーとなることを記念し、著名人からのコメントが公式サイトほかで公開された。

本作は「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフが再集結した青春群像劇。幼少期のトラウマから心を閉ざしてしまった女子高生・成瀬順が、クラスメイトたちとのミュージカル制作を通し、自身の“本当の気持ち”と向き合っていく。

コメントを寄せたのは、「名探偵コナン」の作者・青山剛昌NON STYLEの井上裕介、「アオハライド」の監督・三木孝浩ら多彩な面々。それぞれがスタッフへの賛辞や、作品への熱い思いを語っている。

また今回、劇場入場者への特典も発表。週ごとにアイテムが変わり、公開週には劇中で描かれるミュージカルのプロットや歌詞、配役が掲載された「ミュージカル『青春の向う脛』のプログラム」が贈られる。2週目にはキャスト28名のメッセージとサインの入った「揚羽高校2年2組ウェルカムポートレート」、3週目、4週目には「キャラクターデザイン・田中将賀描き下ろしミニ色紙風ウェルカムポートレート」を配布。すべて数量限定となるので注意してほしい。

さらに全国45の劇場では、9月19日に日付が変わった直後に本作をスクリーンにかける最速上映を実施。加えて公開初日、2日目には東京・新宿バルト9ほか7館で舞台挨拶が行われる。詳細は公式サイトで確認を。

青山剛昌(マンガ家)コメント

「言葉は刃物」とボクも作中で書きましたが、まさにその通りだと痛感させられ、その反面、大切に使うと皆を幸せにすることもできると教えてくれる、とてもいい作品です!

三木孝浩(映画監督)コメント

観ている間中、何度も胸が張り裂けそうになり心が悲鳴を上げていました。こみ上げる想いは言葉にできないけれど、きっとそれは観る人全ての道を照らす希望になる。「あの花」チームがたぐり寄せてくれたその光に、最大限の賛辞を贈ります。

NON STYLE 井上裕介(お笑い芸人)コメント

本当に伝えたいと思うから叫ぶんだ。主人公たちの姿を観てそんなピュアな感情を思い出しました。あと長井監督、二枚目の役でオファー待ってます。

赤い公園 佐藤千明(ミュージシャン)コメント

この作品を見ていると、いつの間にか噛み殺していた自分の心の叫び声が聞こえてきます。伝えることの大切さと勇気、人の優しさを思い出しました。

堀田茜(CanCam専属モデル)コメント

観終わったあと心がアツくなった! 家族や友達と本音でぶつかることの大切さを思い出させてくれた映画です!

坂田梨香子(CanCam専属モデル)コメント

胸がギューッと締めつけられるような登場人物のセリフの一言一句に共感して、号泣。

新川直司(マンガ家)コメント

ここから飛び出したい。誰かに伝えたい。叫びたい。いつかなくした僕らがいる。素敵じゃないか、おまいら!

浅野いにお(マンガ家)コメント

不器用な登場人物達の一言一言に胸を打たれる。けれど、閉塞感漂う曇天の冬景色に、新しい季節の予感がした。

松江哲明(映画監督)コメント

今、時代と向き合った青春映画を作ることが出来るのは、実写よりもアニメーションなのかもしれない。

映画ナタリーをフォロー