映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

北野流ジジイ映画の作り方!「龍三」特典映像で下條アトムがナレーション

15

メイキングのナレーションを担当した下條アトム。(c)2015 『龍三と七人の子分たち』 製作委員会 

メイキングのナレーションを担当した下條アトム。(c)2015 『龍三と七人の子分たち』 製作委員会 

北野武監督「龍三と七人の子分たち」Blu-ray / DVDのスペシャルエディション特典ディスクに収録されるメイキング「北野流 ジジイ映画の作り方」の冒頭映像が、YouTubeにて公開された。

「龍三と七人の子分たち」は藤竜也近藤正臣ら平均年齢73歳のキャストが集結し、元ヤクザのジジイたちがオレオレ詐欺の若造集団と対決するさまを描くエンタテインメント作。2015年4月に全国公開された際には、「アウトレイジ ビヨンド」を超える北野映画史上第2位の興行成績を記録した。

このメイキング映像は、本作のクランクインからクランクアップまでの現場映像と、監督、キャスト、スタッフらの証言を集めたもの。そしてそのナレーションを、劇中で若造集団の一員を演じた下條アトムが務めていることが明らかになった。今回公開された冒頭映像では、ドキュメンタリー番組「世界ウルルン滞在記」のナレーションで知られる下條の解説とともに、藤の出演シーンの撮影にて北野が演出を行う姿も確認できる。

なおスペシャルエディションに付属する特典ディスクには、このメイキングに加えキャストインタビューやミニ特番「俺たちに明日なんかいらない ジジイが最高スペシャル!!」など、本編を上回る総尺150分超えの映像が収められている。

「龍三と七人の子分たち」Blu-ray / DVDは10月9日に発売。

下條アトム コメント

今回、ナレーションのお話を頂いたときは、嬉しくて「やらせて!」と即答でした! とにかく面白いと思ってもらいたいので、「本編より面白くしちゃえー」という気持ちでやり切りました。是非何も考えず、気軽な気持ちで観てください。「龍三と七人の子分たち」も、役者たちは素っ裸でやっていましたからね。みなさんも、裸になって、心を開いて、毛穴も開いて観てください!

映画ナタリーをフォロー