映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

広瀬すず「ちはやふる」でロングヘアー&袴姿を披露、「お姉ちゃんに似てる」

330

近江神宮の楼門前にて。左から駒野勉役の森永悠希、西田優征役の矢本悠馬、真島太一役の野村周平、綾瀬千早役の広瀬すず、綿谷新役の真剣佑、大江奏役の上白石萌音、監督の小泉徳宏。

近江神宮の楼門前にて。左から駒野勉役の森永悠希、西田優征役の矢本悠馬、真島太一役の野村周平、綾瀬千早役の広瀬すず、綿谷新役の真剣佑、大江奏役の上白石萌音、監督の小泉徳宏。

末次由紀の少女マンガを原作とした「ちはやふる・上の句」「下の句」の撮影が、7月中旬に滋賀・近江神宮にて行われた。

「ちはやふる」は小倉百人一首を用いた競技かるたを題材に、その頂点を目指して奮闘する高校生たちを描く青春ストーリー。主人公の綾瀬千早役は、今作が映画初主演となる広瀬すずが演じる。撮影場所となった近江神宮は、「かるたの聖地」「かるたの殿堂」と呼ばれる神社。毎年「全国高等学校かるた選手権大会」が行われており、ちょうど撮影日がその大会開催日だった。広瀬は「かるた部なんだろうなって子がいっぱいいて。試合も見に行きたいなって思ってるんですけど」と話すと、監督の小泉徳宏と共演者の野村周平は「すずちゃん見に行ったら試合になんないよ」「みんなドキドキしちゃうよ」と冗談交じりに制す場面も。

広瀬をはじめ、真島太一役の野村周平、綿谷新役の真剣佑、西田優征役の矢本悠馬、大江奏役の上白石萌音、駒野勉役の森永悠希といった、瑞沢高校かるた部の6人は袴姿で登場し、楼門の前で報道陣の写真撮影に応じた。ボブのイメージが強い広瀬は、千早のイメージに合わせてロングヘアーのエクステを着用。髪の長い自身の姿の印象を問われると「お姉ちゃんに似てました(笑)」と笑顔で答え、「毎日エクステを付けてると、こっちの方が見慣れちゃいました。ここまで伸ばしたことはなかったので新鮮でした」と話す。

情熱的でパワフルな千早という役について広瀬は「ここまで明るいダイナミックな女の子は初めてだったので、振り切ろうと思いました。(私は)すぐ恥ずかしくなっちゃうんですけど、振り切ることが千早ちゃんに近づくことになるのでは」と、役作りについて明かす。さらに「私、現場でこんなにしゃべるの初めてなんです!」と前のめりに話し、キャスト同士の仲のよさをアピール。「変な人がいっぱいいるから。プライベートが明るくなった(笑)」とまで続け、記者陣の笑いを誘った。

福井県出身で名人を目指す綿谷新を演じる真剣佑は、実際に福井のかるた会に2週間、出稽古に赴いたという。また福井弁をマスターするために現地でアルバイトも経験。「地元の方との会話が大事だったんですが、スタッフさんがいると標準語になってしまうので、できるだけ1人でいるようにしました」と方言にもこだわりを見せていた。

そして今作の一番の見どころは、ダイナミックな競技かるたシーン。「最初は足の甲の皮が剥けて、膝も真っ黒になった。感覚がなくなるんじゃないかってくらい痛かったりした」と広瀬は語る。小泉監督も「い草で作られた畳と、ポリエステルで作られた畳の違いがわかるほどになっていた」とキャスト陣の練習の激しさを明かせば、野村は「この畳は(札が)飛ばねえなっていうのがわかる」と付け加える。

かるたシーンはハイスピードカメラを用いて撮影。野村は「自分が札を触ってなかったりするとバレる」と撮影の難しさと大変さを語る。また広瀬は「1回の試合だけでも、4日間朝から晩までかけて泊まりがけで撮って。控室でもみんなぐったりしてました」と苦労を述べるも、「スタッフも監督もがむしゃらになって撮影したので、かるたシーンを一番観てもらいたい。私たちも観るのが楽しみ」と続ける。さらに小泉監督は「かるたシーンは、もはやアクションシーン」とまで断言してみせた。

「ちはやふる・上の句」は2016年3月に、「ちはやふる・下の句」は2016年4月に公開予定。

映画ナタリーをフォロー