映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

野村周平&賀来賢人W主演で「森山中教習所」映画化、共演に麻生久美子、光石研ら

730

野村周平賀来賢人がダブル主演を務める「森山中教習所」の映画化が決定。10月9日にクランクアップを迎え、公開は2016年を予定している。

「森山中教習所」は、「ぼくらのフンカ祭」の真造圭伍による同名マンガをもとにしたヒューマンコメディ。高校の同級生だった佐藤清高と轟木を主人公に、非公認教習所で偶然の再会を果たした彼らの一夏を描く。

普通の大学生・清高を演じる野村は「個性豊かなキャラクターのおりなす独特の空気感が伝わる映画になっています。現場も、すごく楽しく、本当に森山中教習所に通っているのではないかと錯覚してしまうほど、リアルな環境でした」と自身の役柄と本作について語る。またヤクザの組員・轟木に扮する賀来は「轟木という男は抱えているものが多く、感情を出さない人間です。彼の成長を演じることは役者としてやりがいを感じています。素晴らしいスタッフ、キャストの皆さんと濃密で充実した現場を過ごすことが出来ました」とコメントを寄せている。

野村、賀来以外で出演が発表されているのは、バツイチの子持ち教官役の麻生久美子、無愛想なばあちゃん役の根岸季衣、酒好きのじいちゃん役のダンカン、そのほか音尾琢真、光石研ら。監督は「花宵道中」「海のふた」などを手がけた豊島圭介が務める。

野村周平 コメント

今回、映画「森山中教習所」の佐藤清高役を演じさせていただくことになりました。大人気コミックの人気キャラクターを演じさせていただけて、大変光栄に思っております。個性豊かなキャラクターのおりなす独特の空気感が伝わる映画になっています。現場も、すごく楽しく、本当に森山中教習所に通っているのではないかと錯覚してしまうほど、リアルな環境でした。皆さんの期待を裏切らない映画になっていますので、皆様是非映画館に足を運んでください。

賀来賢人 コメント

「森山中教習所」の実写映画化に、映画「ソフトボーイ」でお仕事させていただいた豊島圭介監督とふたたびご一緒出来ることを、緊張しながらもとても嬉しく思います。轟木という男は抱えているものが多く、感情を出さない人間です。彼の成長を演じることは役者としてやりがいを感じています。素晴らしいスタッフ、キャストの皆さんと濃密で充実した現場を過ごすことが出来ました。完成を楽しみにしていて下さい。

豊島圭介 コメント

可笑しくてせつない青春マンガの傑作「森山中教習所」を映画化するチャンスをいただきました。ありがとうございます! 最高に面白い俳優たちにも集まってもらいました。ありがとうございます! 原作の素敵なキャラクターたちを、無茶苦茶才能ある俳優たちが自由に演じる。それを必死にとらえていこうと。それが今回の狙いですよ!

真造圭伍 コメント

映画は多くのひとが関わってお金もたくさんかかるので、自分なんかの漫画でほんとにいいのかなと申し訳ないような気持ちでいっぱいです。でも今はこれを糧に頑張れるというか、素直に仕上がりが楽しみです。また、これを期に漫画の方も読んでくださる方がひとりでも増えますように。

(c)真造圭伍/小学館

映画ナタリーをフォロー