映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

X JAPANドキュメンタリー、ハリウッド映画として来年世界公開へ

212

X JAPAN

X JAPAN

X JAPANのドキュメンタリー映画が2016年に世界公開されることが決定した。

本作は「わたしは生きていける」の製作を担当したジョン・バトセックがプロデュースを担当し、ザ・ローリング・ストーンズのドキュメンタリー「ストーンズ・イン・エグザイル~『メイン・ストリートのならず者』の真実」でメガホンをとったスティーヴン・キジャックが監督を務める。なお映画は、ジョン・バトセックの熱心なアプローチによって製作が決定したとのこと。

日本での公開日は現時点で明らかになっていないが、2016年3月12日(現地時間)にイギリス・The SSE Arena, Wembleyで行われる「#XDAY」と題されたX JAPANのニューアルバムリリース記念パーティにて世界初公開される。チケットはLive Nationのオフィシャルサイトにて販売中。

なおYOSHIKIは映画について「どういう時代に僕たちが出会ったのか、X JAPANはどうやって結成されたのか、ヴィジュアル系はどのように始まったのかといったことも映画には盛り込まれます。僕たちのことがハリウッド映画として、外国の方たちの視点で描かれることになると思います」とコメントしている。

映画ナタリーをフォロー