松本零士が語る映画体験、「若草物語」を観て「俺にはマンガがある」と奮起

36

明日5月4日(月・祝)、CS映画専門チャンネルのムービープラスで放送される「この映画が観たい」に、マンガ家の松本零士が登場する。

ムービープラス「この映画が観たい#21 ~松本零士のオールタイム・ベスト~」

ムービープラス「この映画が観たい#21 ~松本零士のオールタイム・ベスト~」

大きなサイズで見る(全3件)

「この映画が観たい」はゲストが“映画体験”と、それにまつわる人生のエピソードを語る番組で、これまでに千葉真一、中川翔子、角田光代などさまざまなジャンルの著名人が出演してきた。5月放送分では「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道 999」で知られるマンガ家の松本零士が、自身の映画ヒストリーを明かす。

松本零士

松本零士[拡大]

小中学生時代は学校の引率でよく劇場に連れていってもらったという松本だが、中でも印象に残っているのが、たくましく生きる4姉妹を描いた「若草物語」。不遇な生活を強いられる少女の「私には小説がある」というセリフに感銘を受け、「俺にはマンガがある」と奮起させられたと当時を振り返る。

松本零士

松本零士[拡大]

青春映画のマスターピースとして挙げたのは、高校生時代に観た「わが青春のマリアンヌ」。幻想的な世界に引き込まれ、自分も幻想的なマンガを描きたいと強く思うきっかけになったと述懐した。ほかにも「風と共に去りぬ」「キング・コング」「海賊ブラッド」「戦艦大和」など、松本の世界観を形成した作品について熱く語っている。

「この映画が観たい#21 ~松本零士のオールタイム・ベスト~」は5月4日(月・祝)23時より放送。なお、6月の放送にはラッパー、ラジオパーソナリティとして活躍するRHYMESTERの宇多丸が登場する。

この記事の画像(全3件)

この映画が観たい#21 ~松本零士のオールタイム・ベスト~

ムービープラス 2015年5月4日(月・祝)23:00~23:30ほか

全文を表示

関連記事

松本零士のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 風と共に去りぬ / 若草物語(1933年) / わが青春のマリアンヌ / キング・コング(1933年) / 海賊ブラッド / 戦艦大和 / 松本零士 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。