映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

竹内結子と大竹しのぶがピクサー最新作で“感情”に命を吹き込む

17

トイ・ストーリー」「ウォーリー」のディズニー / ピクサーによる最新作「インサイド・ヘッド」が、7月18日から公開される。今回、竹内結子大竹しのぶが日本語吹替版の声優を担当することが明らかになった。

「インサイド・ヘッド」は、ピクサー長編アニメーション20周年を記念して製作された冒険ファンタジー。「モンスターズ・インク」のピート・ドクターが監督を務め、11歳の少女ライリーの脳内にいる5つの感情、ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリたちが、彼女を幸せにするために奮闘する姿を描く。どんなときでも明るく前向きなヨロコビを竹内が、驚くべき秘密を持つというカナシミを大竹が演じる。

洋画アニメーションの声優に初挑戦した竹内は、「まさか私がディズニーアニメーションの声を任されるとは思っていませんでした。でもいつも観ているのが好きだったので、その世界に自分の声が入っていると思ったときにすごくうれしかったです」と胸の内を明かす。竹内と同じく感情という難しい役柄を演じた大竹は「悲しみがあるからそこを抜けたときに喜びがあるというのが映画のテーマの1つでもあるんですけれども、映画の中で悲しみを喜んでいる自分がいます」と振り返った。なお現在2人のコメントを収録した特別映像も公開されているので、そちらもチェックしてみよう。

映画ナタリーをフォロー