「問題は僕が杉浦さんを好きすぎること」、原恵一が明かす「百日紅」制作時の苦労

73

本日4月17日、「百日紅~Miss HOKUSAI~」の完成披露イベントが、東京・スペースFS汐留で行われ、監督を務めた原恵一が登壇した。

イベントの様子。左から原恵一監督、鈴木雅也氏、鈴木弘子さん。

イベントの様子。左から原恵一監督、鈴木雅也氏、鈴木弘子さん。

大きなサイズで見る(全5件)

原作者の杉浦日向子を敬愛しているという原恵一監督。

原作者の杉浦日向子を敬愛しているという原恵一監督。[拡大]

「百日紅~Miss HOKUSAI~」は、浮世絵師のお栄が、父の葛飾北斎や北斎門下の仲間たちと過ごすにぎやかな日々を、江戸の四季と共に描いた“浮世エンタテインメント”。杉浦日向子のマンガを原作にしたアニメーションで、彼女の作品が長編映画化されるのは今回が初めてとなる。

「攻殻機動隊」シリーズやテレビアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」などを手がけるProduction I.Gが制作を担当した同作。原はその経緯を「社長の石川(光久)さんのところに杉浦さんの『合葬』を持って営業に行ったら、『百日紅』の制作を予定していることを聞かされた。その後、石川さんが本作に誘ってくれた」と説明。また原作者の杉浦を敬愛しているという原は「一番の問題は僕が杉浦さんを好きすぎることだった。絵コンテを書いている段階で、粗悪なコピーを作っている感覚に陥りました」と制作時を振り返った。

原作者、杉浦日向子の実兄、鈴木雅也氏。

原作者、杉浦日向子の実兄、鈴木雅也氏。[拡大]

イベントには杉浦日向子の実兄、鈴木雅也氏と婦人の弘子さんがゲストとして登場。作品の感想を聞かれた雅也氏が「日向子は文句なく大満足だと思う。彼女は冗談めかして大当たりと言うと思う」と感想を述べると、原監督は「そうであることを願うばかりです」と返す。続けて「杉浦さんに見せて恥ずかしくないものを作った自負はあります」と明言する。

また、実妹の作品が初めて映画化されたことを喜ぶ雅也氏は「こんな素晴らしい作品を作ってくれたことを妹に代わって感謝したい。日向子のことを知らない人たちに彼女のことを知って、好きになってほしい」と呼びかけた。最後に原監督が「原作の素晴らしさを壊さないようにいい道具になることを心がけた。その役目は果たせたと思うし、観た人の心に響くものを作れました」と自信を覗かせ、イベントの幕は閉じた。

「百日紅~Miss HOKUSAI~」は5月9日よりTOHOシネマズ 日本橋ほかにて全国公開される。

この記事の画像(全5件)

関連記事

原恵一のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 百日紅~Miss HOKUSAI~ / 原恵一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。