雲田はるこ「昭和元禄落語心中」ドラマ化!八雲は岡田将生、与太郎は竜星涼

11812

雲田はるこ「昭和元禄落語心中」のテレビドラマ化が決定した。NHK総合にて10月12日22時より全10回で放送される。

「昭和元禄落語心中」1巻

「昭和元禄落語心中」1巻

大きなサイズで見る(全3件)

ITAN(講談社)にて連載された「昭和元禄落語心中」は、昭和の落語界を舞台に、刑務所あがりの主人公・与太郎が、「昭和最後の名人」と言われる八代目有楽亭八雲に弟子入りすることから始まる物語。単行本は全10巻が発売中で、第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞や、第38回講談社漫画賞一般部門を受賞しており、2016年、17年にはテレビアニメ化も果たしている。

ドラマでは八雲役を岡田将生、与太郎役を竜星涼、小夏役を成海璃子、みよ吉役を大政絢、助六役を山崎育三郎が演じる。また脚本は、映画「フラガール」や連続テレビ小説「マッサン」を手がけた羽原大介が務め、演出はタナダユキ、清弘誠、小林達夫が名を連ねた。さらに音楽は村松崇継、落語監修は柳家喬太郎が担当する。

岡田将生コメント

八雲役の岡田将生。

八雲役の岡田将生。[拡大]

このドラマのお話を頂いたときは正直迷いました。生半可な気持ちではできませんし、本当にこの作品の為に落語を知り、落語を愛さないとできないと思ったからです。しかし、僕が演じさせて頂く八雲という人物に、どんどん興味が沸き演じてみたい、やりたいと思う気持ちが強くなり、この役と心中したいと思いました。今、絶賛落語の稽古中です。知れば知るほど好きになっています。ぜひ楽しみに待っていてください。

この記事の画像(全3件)

ドラマ10「昭和元禄落語心中」

NHK総合にて2018年10月12日(金)より毎週金曜日22:00~22:44(連続10回)

スタッフ

原作:雲田はるこ「昭和元禄落語心中」
脚本:羽原大介
音楽:村松崇継
演出:タナダユキ、清弘誠、小林達夫
落語監修:柳家喬太郎

キャスト

八雲:岡田将生
与太郎:竜星涼
小夏:成海璃子
みよ吉:大政絢
助六:山崎育三郎 ほか

全文を表示

※記事初出時、放送日に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

関連する特集・インタビュー

関連記事

雲田はるこのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 雲田はるこ / 岡田将生 / 竜星涼 / 成海璃子 / 大政絢 / 山崎育三郎 / 羽原大介 / 村松崇継 / タナダユキ / 小林達夫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。