コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「羊の木」初日、錦戸亮「左官屋さんになってTOKIO兄さん超え」とif語る

343

「羊の木」初日舞台挨拶の様子。

「羊の木」初日舞台挨拶の様子。

山上たつひこいがらしみきお原作による実写映画「羊の木」の初日舞台挨拶が、本日2月3日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた。

「羊の木」は、凶悪犯罪を犯した元受刑者を受け入れる、政府の極秘プロジェクトの試行都市になった港町が舞台のヒューマンサスペンス。元受刑者を受け入れることにした市長らと元受刑者たちや、何も知らない一般住民の不穏な生活を描く。舞台挨拶には月末一役の錦戸亮、石田文役の木村文乃、杉村勝志役の北村一輝、太田理江子役の優香、栗本清美役の市川実日子、福元宏喜役の水澤紳吾、大野克美役の田中泯、宮腰一郎役の松田龍平吉田大八監督が登壇した。

本日行われた初日舞台挨拶は、全国の劇場で生中継されていることから、錦戸は「全国に届いているんですよね?」と中継用カメラに笑顔で手を振る。映画を鑑賞したばかりの観客たちの独特な雰囲気を感じ取った松田は「これ、ムード的にどうなんですかね。そんな『わー楽しかった』って気軽に言える映画じゃないですもんね」とぽつり。すると木村から「そう言ってほしかったんですか?」と突っ込まれた。

初日を迎えた感謝の言葉を述べた北村は、本作に目黒厚役で出演している、去年年末に亡くなった深水三章について触れ「深水さんは、僕が駆け出しの頃からお世話になっていた先輩。この映画で同じシーンを一緒にできたことをうれしく思います」と続けた。そして吉田監督は「この映画の取材を受けると、いつも以上に俳優の質問が多かった。それは俳優が素晴らしい仕事をしてくれたおかげだと思う」と振り返り、「映画を観に行くのは、俳優を観に行くことだと思っている。自分の作りたかった映画が作れて、皆さんとステージに立っているのが晴れがましい気持ちです」と挨拶した。

挨拶を終えた登壇者たちは、映画の設定にちなんだお題「誰も知らない町で新生活を始めるとしたらどんな職業に就いてみたいか?」でクロストークを展開する。映画の余韻が抜け切らない観客を盛り上げようと「ちょっと大きめの声でしゃべります」と前置きし、錦戸は「僕が興味あるのは、左官屋さん。細かい作業も結構得意なので、TOKIO兄さんを超えるくらいの職人技を磨きたいです!」と元気いっぱいに答える。また北村も錦戸同様に声を張り「僕はなんでもいいです。映画みたいに船に乗ってもいいし、家具作るのも好きなので、こもって何かを作ってもいいし。とにかく、しがらみとかが苦手なのであまり人に会わない仕事が好きですね」と述べ、笑いを誘った。

そんな錦戸や北村とは対照的にマイペースに語りだした松田は、北村や市川に「大きい声でしゃべりなよ」と突っ込まれつつ「映画でも運送業をやってるんですけど、制服がしっくりきて。だから運送業ですかね。でも方向音痴なのでたどり着けるかわからなくて心配ですけど」と続ける。また木村は「今の事務所に拾われていなかったらずっと続けていたかも」とウェディング関連のアルバイトをしていた過去を明かし「幸せな場所を作って、送り出せる仕事はステキだなと思います。もしそういう役をいただけたらうれしい」と話した。

同じ質問に「私は動物に懐かれないので、牧場とかで働いて大きい動物から攻めていきたい。動物に愛される男の人ってカッコいいですよね」と答えたのは水澤。そんな彼に錦戸が「僕らは愛してますから」と冗談交じりに声をかけると、水澤は「本当ですか?」とうれしそうに聞き返す。また優香は、田中が作ったうどんが美味しかったことから「私もうどんを作りたい。育てるところからちゃんと作ってて、1日5食限定で出したり」と笑顔。この優香の言葉に、田中は照れながらもうれしそうな表情を浮かべた。そんなキャストたちの回答に錦戸は「やっぱり職人気質の人が多いんじゃないですか。こういう世界の人は」と納得した様子を見せた。

イベント終盤には、映画のヒットを願って鏡開きを行うことに。鏡開きをするのが初めてだという錦戸は「今会議中です!」と登壇者たちと木槌を下ろす位置やタイミングを真剣に相談する。そして錦戸の「せーの!」の掛け声を合図に、勢いよく木槌を酒樽に打ち付けた。

最後の挨拶で錦戸は「1回見ただけではなかなか消化できない、今日朝から観てくれたお客さんは、朝イチですき焼きを食べてるみたいだったと思う。でも少しずつ消化して、またもう1回食べたら『こんな味してたんだ』って気づけることがあるはず。時間に経てば経つほど、いろんな感覚に陥る映画です」と作品の魅力をアピール。それを聞いていた吉田監督も「飲み込みにくいし、どんな映画って聞かれても感想を伝えにくい映画だと思う」と同意しながらも、「生きていくうえでは疑うことも必要です。でもわからなくても信じるっていう気持ちが、疑うことより多いほうが生きてて楽しんじゃないかなと思いながら、映画を撮っていました。よかったらまたこの俳優たちに、劇場に会いに来てください」と述べ、舞台挨拶は幕を閉じた。映画「羊の木」は本日より全国ロードショー。

(c)2018『羊の木』製作委員会 (c)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

コミックナタリーをフォロー