コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

山上&いがらしからの手紙に、「羊の木」吉田大八監督「受け止めきれない」

489

「羊の木」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から木村文乃、錦戸亮、吉田大八監督。

「羊の木」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から木村文乃、錦戸亮、吉田大八監督。

山上たつひこいがらしみきお原作による実写映画「羊の木」の大ヒット御礼舞台挨拶が、本日2月13日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、月末一役の錦戸亮、石田文役の木村文乃吉田大八監督が登壇した。

さまざまな“サプライズ”が用意されたという本日のイベントでは、まずは客席から錦戸が姿を表し、観客を驚かせた。映画を客席で鑑賞していたことが司会者から明かされ、客席を通ってステージに登場した錦戸は「こんなに大きなスクリーンで観たのは初めて。たぶん誰も気付いてなかったですけど(笑)、それだけ映画に集中していただけてうれしい」と語った。

観客へのサプライズのあとは、錦戸と木村へのサプライズが。お米が大好きだという2人の前に、2年前に撮影をした富山県から80kg分の米袋が運ばれてくる。錦戸は「これ爆発とかせえへんかな……」と心配そうにしながらも「え、80kg? (食べるのに)何日かかんねん」とうれしそう。また食べ方について、錦戸は「明太子とかと一緒に食えたらいいな」、木村は「数日前に母親がすごくおいしい筋子を送ってきてくれたのでそれで食べたいです」と述べた。

さらにサプライズは続く。映画の原作者である山上といがらし、それぞれから吉田へ手紙が届いていることが発表され、司会者による朗読が行われた。山上は手紙で「『羊の木』は私が物語の原型を作り、いがらしみきおさんが独自の世界観を加えて生まれたマンガ作品です。今度はそれが映像になった、これは幸せな伝言ゲームですね」と述べ、「リレー競技のアンカーを務めていただいた吉田大八監督に心からの敬意を捧げます」とコメント。

また「自分では何もしていないに等しいのに我が事のようにうれしいです」と綴るいがらしは、「(吉田監督は)原作を読んでいただいた時点で、『この作品をちゃんと映画にできるのは自分しかいない』と自負されていたそうですが、それは私が山上先生の原作を拝見させていただいたとき、『この原作をちゃんとマンガ化できるのは自分しかいない』と感じた気持ちと同じです」と、吉田に共感したことを明かし、「いつか埼玉スタジアムで、浦和レッズ対ベガルタ仙台の試合を同じサッカーファンとしてご一緒出来る日を夢見ております」と締めた。

2人からのメッセージをじっくりと聞いていた吉田は「山上先生といがらし先生(の作品)は、小中学校の時に熱狂的に読んでいて、間違いなく影響も受けている。この仕事を始めるときもお2人の作品に関われるのは大きな動機でした」と感無量の様子。また「(「羊の木」は)途中、結構変えましたから怒られるんじゃないかなって思ったこともあったんですけど、すごく温かいお言葉をいただいて。まだちょっと受け止めきれないでいます」と語った。

そして最後のサプライズとして、観客たちが映画の感想を書いたパネルが客席で掲げられた。錦戸は「正直、遠くて見えないのもたくさんある(笑)」と言いながらも、感想を楽しそうに目で追う。また吉田監督は「ありがとうございます。あとで全部読ませていただきます」と感謝の言葉を述べ、本日のイベントを振り返り「大ヒット記念のイベントというのは初めて。(サプライズに対し)心の中では驚いてます、ちょっと反応が鈍く見えるかもしれませんけど(笑)」と話した。

錦戸は「私事ですが、前回映画に出たのがちょうど4年前。今、平昌オリンピックで盛り上がってますが、僕も冬季限定な理由はないですし、4年後と言わず、もっともっと鍛錬し精進して皆さんに素敵な映画を届けられるようにがんばりたいと思います」と抱負を述べ、イベントは幕を閉じた。映画「羊の木」は全国公開中。

(c)2018『羊の木』製作委員会 (c)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

コミックナタリーをフォロー