コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「鋼の錬金術師」荒川弘が映画へと続く前日譚を執筆、入場者特典として配布

3519

荒川弘原作による実写映画「鋼の錬金術師」の第1弾入場者特典として配布される、小冊子「鋼の錬金術師0」のカバーイラストが公開された。

「鋼の錬金術師0」では、荒川が7年ぶりに「鋼の錬金術師」の新作エピソードを執筆。映画の鑑賞後に同作を執筆したという荒川は、「エドが国家錬金術師の資格を取ってすぐの話で、ここから映画に続く、って感じで描いてみました」とコメントを寄せた。物語では身体を取り戻す旅へと出発するエドの前日譚が描かれ、“あのキャラクターの衝撃の姿”も登場するとのこと。本日11月10日発売の月刊少年ガンガン12月号(スクウェア・エニックス)にも、同書の収録内容について掲載されている。

入場者特典の第1弾となる「鋼の錬金術師0」は、映画の公開日である12月1日より配布。また12月23日からは「鋼の錬金術師0」のカバーイラストを使用した、「2018年ポスターカレンダー」が第2弾の入場者特典として配られる。

なおナタリーでは実写映画化を記念し、「鋼の錬金術師」をさまざまな角度から紐解く特集を長期にわたって展開。公開中のコミックナタリーの特集記事では、原作者の荒川へインタビューを行った。「お祭りだー!」と映画の公開に誰よりも胸を高鳴らせている荒川に、同作の見どころを聞いたほか、原作への熱い思いを持つファンに対してもメッセージを寄せてもらっている。

映画「鋼の錬金術師」

2017年12月1日(金)全国ロードショー

スタッフ

監督:曽利文彦
原作:「鋼の錬金術師荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉

キャスト

エド:山田涼介
ウィンリィ:本田翼
マスタング:ディーン・フジオカ
ホークアイ:蓮佛美沙子
エンヴィー:本郷奏多
マルコー:國村隼
コーネロ:石丸謙二郎
グレイシア・ヒューズ:原田夏希
グラトニー:内山信二
ロス:夏菜
タッカー:大泉洋(特別出演)
マース・ヒューズ:佐藤隆太
ハクロ:小日向文世
ラスト:松雪泰子

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー