コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ちばてつや18年ぶり単行本が1月に、「疲れた人たちの肩の力が抜けたらいいな」

646

ちばてつやによる18年ぶりの単行本「ひねもすのたり日記」が、1月末に刊行されることが決定した。

ビッグコミック(小学館)の巻末にて連載中の「ひねもすのたり日記」は、ちばが自身の半生を綴った自伝的ショートコミック。本日10月27日に小学館にて行われた「2017年小学館 新企画発表会」に登壇したちばは、今まで連載してきた「あしたのジョー」「のたり松太郎」などのストーリーマンガに比べて、同作は「4ページにまとめるのが意外に難しかった」と語る。「半年続けられたらいいかなと思って始めたんですが、もう1年以上になって、単行本にまとめてくれることになってとてもうれしいです」と笑顔を見せた。

エッセイマンガということもあり、「ひねもすのたり日記」にはちばが出会ってきた実在の人物が多数登場。ちばは「さいとう・たかをさんや藤子不二雄(A)さん、松本零士さんとか(マンガ家が)いっぱい出てきますけど、会うと『ちばさんは自分のことはかわいく描くくせに、俺たちのことはすごく憎らしく描く!』って言われるんですよ(笑)」と告白。「一生懸命かわいく描いてるんですが、どうも本人たちは気に入らないみたいで。『もうちょっとかわいく描いて!』『目を大きく描いて!』って、会うと文句を言われます(笑)」とエピソードを披露した。

また「のたり松太郎」にも掛けているというタイトルについては、「日常をのたりのたりと、生きてるんだか死んでるんだかわからないような生き方をしているときもある。そういった日常をリアルに描いています。仕事や勉強で疲れた人たちが読んだときにちょっと肩の力が抜けたらいいなと思いながら、私自身も肩の力を抜いて描いてます」と説明した。

なおビッグコミックは2018年2月に50周年を迎える。これを記念し、「さいとう・たかを『ゴルゴ13』イラスト画集」が目下発売中のほか、12月末には「2018 最新版!! リーダーズ・チョイス BEST OF ゴルゴ13」がリリースされる予定。また永井豪とダイナミックプロ「画業50周年愛蔵版 デビルマン」1~5巻が11月から2018年1月にかけて刊行される。

さらに谷口ジローが闘病中に遺した未発表作品「光年の森」「いざなうもの」が12月8日に、藤子不二雄(A)と西原理恵子がそれぞれの視点からことわざを斬る「人生ことわざ 面白“漫”辞典(仮)」が1月19日に、北見けんいちによるイラストとエッセイをまとめた「昭和トラベラー」が1月31日に、松本零士の作品集「無限なる創造軌道~松本零士生誕80年クロニクル~(仮)」が2月28日に発売される予定だ。

コミックナタリーをフォロー