世阿弥と足利義満を描く室町歴史ロマン「花コイ少年」がBE・LOVEで

134

重松成美の新連載「花コイ少年」が、本日7月15日発売のBE・LOVE15号(講談社)にてスタートした。

「花コイ少年」カラーイラスト。

「花コイ少年」カラーイラスト。

大きなサイズで見る(全2件)

「白い本の物語」「BABEL」などで知られる重松が描く新作「花コイ少年」は、室町時代の日本を舞台に、猿楽師・世阿弥と三代目将軍・足利義満を描く歴史ロマン。父の観阿弥が率いる結崎座で芸を磨いていた世阿弥は、偶然、美しい青年“天狗の君”と出会い心惹かれる。そんな中、京の今熊野で足利義満の前で公演をすることになった一座。世阿弥がその舞台に向かうと、そこには“天狗の君”がいて……。

そのほか今号では、入江喜和「たそがれたかこ」の番外編「公平くん男道」が掲載。なお7月13日に発売予定だった最終10巻の通常版およびCD付き特装版は、発売延期となっている。

この記事の画像(全2件)

重松成美のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 重松成美 / 入江喜和 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。