コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

西島大介が神林長平の小説「絞首台の黙示録」で装画担当、原画はF50サイズ

287

西島大介が、10月22日に早川書房より刊行される神林長平「絞首台の黙示録」の装画を手がけた。

「絞首台の黙示録」は、SFマガジン(早川書房)に連載された表題作を単行本化したもの。父の安否を確かめるため新潟の実家に戻った作家の「ぼく」と、死刑執行されたばかりという自分と同じ顔、同じ名前の男をめぐるSF小説だ。

なお単行本は四六判だが、カバー絵の原画はF50サイズ(91cm×116cm)で描かれた大作。キャンバスに筆を走らせたタッチが見て取れる、印象的なイラストに仕上がっている。

コミックナタリーをフォロー