コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

河原和音「青空エール」7年の連載に幕、1月発売の別マで早くも新連載始動

383

本日10月13日に発売された別冊マーガレット11月号(集英社)にて、河原和音「青空エール」が最終回を迎えた。

「青空エール」は吹奏楽初心者ながらブラスバンドの名門校に入学した女子高生のつばさと、同校の野球部に所属する大介を軸に描く青春ストーリー。2008年に別冊マーガレットにて連載がスタートし、井上麻里奈がつばさ役、日野聡が大介役を演じるVOMICも制作された。

単行本最終19巻は1月の発売を予定。なお河原は同じく1月発売の別冊マーガレット2016年2月号より、早くも新連載をスタートさせる。

このほか今号では、本日単行本最新10巻が刊行された、河原原作によるアルコ「俺物語」が表紙と巻頭カラーで登場。10月31日公開の映画版「俺物語!!」に出演する鈴木亮平永野芽郁坂口健太郎と、河原、アルコの座談会も収められている。

またコミックナタリーでは「俺物語!!」10巻の発売と映画公開のタイミングに合わせ、アルコへのインタビューを公開。河原との分業体制の裏側や、そこから生まれた化学反応、猛男をはじめとしたメインキャラクターについて語ってもらっているので、こちらもチェックしてほしい。

コミックナタリーをフォロー