イラスト:西村ツチカ

コロナ禍のぼくら~マンガ家リレー日記~ 第8回 [バックナンバー]

高橋由佳利から萩岩睦美へ

199

新型コロナウイルスの流行から緊急事態宣言が発令され、大きく変化した私たちの生活。友達にも気軽に会えなくなってしまったけれど、この非日常をみんなはどんなふうに過ごしているのか。そんな思いを発端にスタートした、友達から友達へと日常の記録を繋げていくリレー企画。第8回は、高橋由佳利の絵日記をお届けする。

キービジュアル / 西村ツチカ 絵日記 / 高橋由佳利

次回は萩岩睦美の絵日記を掲載予定。

高橋由佳利(タカハシユカリ)

1958年1月5日、兵庫県姫路市生まれ。1978年に、りぼん夏の増刊号(集英社)に「コットンシャツに夏の風」が掲載されデビュー。代表作に「なみだの陸上部」「プラスティック・ドール」「トルコで私も考えた」など。2020年6月25日に「トルコ」シリーズの新作「新・トルコで私も考えた2020」が集英社クリエイティブから発売された。

バックナンバー

高橋由佳利のほかの記事

リンク