書店員が語る「コロナ禍とこれから」ビジュアル

書店員が語る「コロナ禍とこれから」 第2回 [バックナンバー]

「書店は必要なんだろうか」「出費がシビアに、より期待に沿う本を提案」書店の不安と決意

165

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて4月7日に発令された緊急事態宣言は、5月25日に全面解除された。しかし、6月に入ってからも感染対策の面でも経済的な面でも予断を許さない状況が続いている。私たちが普段からお世話になっている書店は、緊急事態宣言下の約1カ月半の間、どのような影響を受けてきたのだろうか。

コミックナタリーでは、「コロナ禍とこれから」というテーマで書店員の声を届けるコラムを展開。第2回となる今回も、新型コロナウイルスの書店への影響、緊急事態宣言を聞いたときの思い、そしてこれからの書店の展望を聞いた。また各書店員には「コロナ禍の今、支えになってくれるおすすめ本」も紹介してもらった。目利きが選んだおすすめ本、ぜひチェックしてほしい。

イラスト / ナリアイ

東京都・COMIC ZIN秋葉原店 塚本浩司氏

コロナ禍とこれから

ここ数年、閉店する書店が増えていくなか、出版社、作家さんにとって「書店は必要なんだろうか」という不安を持っていましたが、それが今回のコロナでますます大きくなりました。

欲しい本を検索して、通販する時代から、それらの本を電子書籍で、品切を気にせずいつでも読める時代。外出を控えなくてはいけない緊急事態宣言の中では、そのスタイルがますます浸透したと思われます。書店にとってはますます厳しい時代になったと感じます。

これだけたくさんの本が発表され、読めることは、ある意味、幸せな環境ともいえますが、選択が難しい環境ともいえます。そのため、検索して本を選ぶ際にはどうしても「知っている」「評価の定まった」作品が選ばれがちであり、実際の売り場でも「知っている」本=売れている本がより集中して売れるようになってきていることを実感しています。ただその一方で、例えば同人誌業界を見ると、オリジナル創作系の作品に注目が集まっています。オリジナル創作系同人誌には、コミティアをはじめとした即売会があります。そうした即売会の場では、作家さんが初めて発表するマンガも多くありますが、中にはマンガを初めて描いた方のマンガまであったりします。そうした「知らない」マンガが集まるリアルな場において、大勢の方が「何か面白いマンガはないか?」と、自分だけの宝物を探している様子を目にすると、新しい刺激を求めているマンガ好きの姿が確認できて励まされます。

そうしたマンガ好きの方の思いに応えるためにも、書店として検索だけでは出会えない、「知らない」作品に出会える、宝探しの場であり続けられるよう、努力、進化していきたいと改めて思います。皆さまにとって、素敵な宝物を用意していきます。

コロナ禍の今、支えになってくれるおすすめ本

施川ユウキ「オンノジ」(秋田書店)

震災直後、あの世界が変わったあとに描かれた作品です。
「ある日突然街から人がいなくなった」。新しい日常の中で生きていく少女と“フラミンゴ”の、チープな言葉ですが、愛と勇気の物語。この作品を読むと、DAVID BOWIEの「ヒーローズ」が常に頭に流れます。そんな作品です。

「オンノジ」

「オンノジ」

COMIC ZIN秋葉原店

〒101-0021
東京都千代田区外神田1-11-7 高和秋葉原ビル

東京都・往来堂書店 三木雄太氏

コロナ禍とこれから

佐賀県で家業のゆずこしょう製造業の経営をしながら、東京都で書店員業もする"兼業書店員"のような生活をしています。そんな都合でコロナ禍以前からリモートカメラを使った環境を作っており、棚の状況を見て本の入れ替えや品出しを現地スタッフにお願いできる状況がありました。(スタッフの皆さんありがとう!)
今後は出費がシビアになっていくと思うので、読者の方にとってコスパが堅実な作品の選択に人気が集中していくかもと考えています。作品内容がより自分に適すると期待できるもの、1冊の本を1人で読み終えるだけではなく感想を共有するなどのパフォーマンスにも期待できそうなもの。こういった読者の期待に沿って本を提案する技術が膨らんで、紙・電子の両方で働く書店員業が生まれるのではないかなと思います。

コロナ禍の今、支えになってくれるおすすめ本

朱戸アオ「リウーを待ちながら」(講談社)

パンデミックを描いた作品。自分の中で「ありえそうな最悪」を想像しておくこともまた心のバランスにとっていいんじゃないかなと思います。

「リウーを待ちながら」1巻

「リウーを待ちながら」1巻

往来堂書店

〒113-0022
東京都文京区千駄木2-47-11

愛知県・アニメイト名古屋 書籍担当

コロナ禍とこれから

国の緊急事態宣言後、当店は5月6日まで休業になりました。店が休業になっても入荷はあるためごく少人数で日々対応していました。
2週間以上の休業は体験したことがなく、周辺もゴーストタウンのようになりニュースで陽性者が日々増えていくのを見るにつけ本当に再開できるのか不安を感じて仕事をしていました。
休業明けはお客様が来てくださったことに驚きとともに、ありがたく、ほっとした気持ちになりました。

コロナ禍の今、支えになってくれるおすすめ本

内藤泰弘「血界戦線」(集英社)

秘密結社のはずなのに真正面からド派手なバトルを繰り広げて、時に泥臭く、時に軽やかに世界の危機を救っていくのが面白くて何度も読み返しています。主人公の前向きで熱く真摯な姿勢に元気をもらえます。

「血界戦線」1巻 (c)内藤泰弘/集英社

「血界戦線」1巻 (c)内藤泰弘/集英社

アニメイト名古屋

〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町18-4 椿太閤ビル

バックナンバー