音楽ナタリー

NGT48新潟でお披露目2周年ライブ、キャプテン北原里英は卒業発表

595

NGT48卒業を発表する北原里英(右から2番目)と、突然の発表に呆然とするNGT48メンバー。(c)AKS

NGT48卒業を発表する北原里英(右から2番目)と、突然の発表に呆然とするNGT48メンバー。(c)AKS

NGT48が本日8月21日に新潟・新潟市歴史博物館みなとぴあ 芝生広場で、グループお披露目公演から2周年を迎えたことを記念したスペシャルライブ「NGT48お披露目2周年スペシャルLIVE~みなとまち新潟をもりあげちゃいます!~」を開催。このステージ上で、キャプテン北原里英がグループを卒業することが発表された。

国内5番目の48グループとして2015年に誕生し、同年8月21日に新潟・新潟市歴史博物館みなとぴあ 芝生広場で「NGT48 第1期生お披露目イベント」を行ったNGT48。あれからちょうど2年後となった本日のスペシャルライブは、2019年の新潟開港150周年を祝うプレイベントの意味合いも兼ねて実施された。またライブの合間には、地元の魅力発信やブランドづくりに取り組む活動体「TEAM Nii port」の結成に関する記者会見も行われ、NGT48のメンバーも“スペシャルクルー”として参加した。

「Nii port」とは、新潟開港150周年に向けて「みなとまち新潟」の魅力を形にしたものを開発していく活動のブランド名。「Nii port」を発信していく「TEAM Nii port」は新潟市出身の小林幸子がキャプテンを務め、 NGT48もスペシャルクルーとして活動を盛り上げていく。「TEAM Nii port」結成記者会見では、篠田昭新潟市長が「今年メジャーデビューしたNGT48は、総選挙での活躍を見ても勢いがあった。今回の150周年に向けて新潟もメジャーデビューしていこうと思うので、メジャーデビューとはこうするんだということをNGT48さんに教えてもらいたい」とNGT48に期待を寄せ、キャプテン北原は「お披露目2周年ライブを新潟開港150周年プレイベントとして、 新潟の公認でできるのはほかのグループではないこと。地域の皆さんと一緒に歩めているのかなと思います。NGT48も150周年を目指していきます!」とコメント。新潟市出身のメンバー加藤美南は「NGT48で県内県外関係なく、皆さんをつなぐ役割をしていきたい」と意気込んだ。

2年前のお披露目イベントは「会いたかった」と「NGT48」の2曲しか持ち歌のなかった彼女たちだが、本日のライブではデビューシングル「青春時計」やそのカップリング曲、AKB48の夏のヒット曲「さよならクロール」「ポニーテールとシュシュ」など多数の楽曲をパフォーマンス。西村菜那子は「2年前は合宿をして1曲を何時間もかけて覚えましたが、今は2時間もあればマスターできるようになりました」とグループの進化を感慨深く語った。残り1曲となったところで、キャプテン北原は「私、北原里英は、NGT48を卒業します」と突然グループ卒業を報告。会場に集まったファンのみならず、事前に知らされていなかったメンバーも唖然とした状態で、副キャプテンとして共にグループを牽引してきた荻野由佳はその場で泣き崩れ、最後の曲「Maxとき315号」の曲振りを任された高倉萌香も「やだー!」と泣き叫ぶ。涙ながらにパフォーマンスを終えたメンバーは自然と北原の元へと集まり、北原は目を潤ませながらも笑顔を見せた。

北原はライブ終了後に囲み取材を開き、NGT48卒業を決めた理由や今後の活動などについて語った。5年前に前田敦子がAKB48を卒業した頃には自身の卒業について意識し始めるも「今の活動が楽しく、なかなか決断できないまま進んできた」と言う彼女。卒業は2018年春頃の予定で、その後はAKB48加入前からの目標であった女優への道を目指す。また“地域密着”をテーマにしたNGT48での活動を通じて新潟に愛着を抱いた北原は「この2年間で本当に新潟のことが大好きになったので、NGT48は卒業するのですが、1人の活動になってからも何とかして、ずっと新潟県と関わっていきたいなという思いがすごくあります」と胸の内を明かした。最後にファンへのメッセージを求められた北原は「突然の発表になってしまい申し訳ありません。ここまで本当にたくさんの方の力を借りて発表をすることができたので、これからは1人の北原里英として、立派に歩んでいこうと思いますので、NGT48、AKB48グループではなくなっても応援していただけるとうれしいです」とコメントした。

音楽ナタリーをフォロー