音楽ナタリー

人間椅子・和嶋慎治モデルのギター完成「僕の心強い相棒となること必至」

1632

「冥王~Pluto」

「冥王~Pluto」

人間椅子の和嶋慎治(G, Vo)のシグネイチャーモデルギターが公開された。

このギターは兵庫のエレキギター工房・Sago New Material Guitarsが、和嶋と綿密な打ち合わせを重ねて制作したもの。和嶋が長年愛用しているギブソン・SGのデザインを基にさそりを思わせる形状に仕上げられ、さそり座の支配星が冥王星であることからモデル名は「冥王~Pluto」と名付けられた。

価格は税込み59万3136円。発売日は現時点では未定だが、受注生産による販売が予定されている。

和嶋慎治(人間椅子)コメント

自分だけのオリジナルギターを作りたい──これはギタリストなら、誰しも夢見るところのものです。今回SAGOさんに作製してもらうにあたって、僕が参考にしたのは某イギリスのメーカーのギター。ビザールギターといってもいいほどのデザインで、日本には入って来ていないモデルです。手に入らないならば、いっそ作ってしまえ!
 留意した点は、ギブソンのギターに弾き心地が近いこと。僕は長年ギブソンのSGを愛用してきたことにより、他社のギターは弾けない体になってしまっているのでした。SAGOさんと綿密な打ち合わせを重ね、何度も尼崎に足を運びました。その都度、SAGOさんの情熱に溢れた誠実な対応に心打たれたものです。
 一年近くの時を経て、ついに完成。素晴らしいです。私見ながら、ギブソンのギターにはいなたさというか、独特の田舎臭い響き(いい意味で)があると思っているのですが、その辺りが見事に表現されています。ネックの握りも、僕のメインギターのリファインを狙っただけあって、とてもしっくりきます。ペグには、グレッチでお馴染みのインペリアルを奢りました。ゆえにチューニングもばっちり。現在は、ピックアップのさらなるマッチングを図っているところ。僕の心強い相棒となること必至のギターとなりました。
 名前は、参考にした蠍型のギターに敬意を表して、「冥王~Pluto」としました(蠍座の支配星は冥王星)。このギターで、この世ならぬ旋律が奏でられればとの思いを込めつつ。
 最後に、僕にSAGOさんを紹介してくださったLA-PPISCHの杉本恭一さん、ありがとうございます!

音楽ナタリーをフォロー