音楽ナタリー

V6、3回目の紅白を前に「SMAPの精神を受け継ぎたい」

1133

12月31日(土)放送の「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールにて行われている。この記事ではV6のコメントを紹介する。

集まった報道陣を「朝から大変でしょう」とねぎらった井ノ原快彦は、3回目の出場となった「紅白歌合戦」に向けて「うれしい限りです。毎年カウントダウンコンサートで紅白に出ているみんなを迎えていたけど、ここ数年はこっちから東京ドームに行ってリハーサルをしたりと、忙しくさせてもらっています」と喜びを明かす。また、今年11月に女優の白石美帆と結婚した長野博は、報道陣からの祝福の言葉に「ありがとうございます」と笑顔を見せ、大みそかの新婚家庭について「家で(紅白を)観てくれていると思います」と語る。そこへ井ノ原と三宅健が「当日は(家に)帰しませんから!」と横槍を入れ、笑いを誘った。

今年の白組司会を務める後輩の相葉雅紀(嵐)との面談については、昨年司会を務めた井ノ原が「この間会ったときより貫禄が出ていて。よく考えたら(嵐として)5回も司会をやってるんだから、何も心配ないんですよね」と語る。また坂本昌行が「『今年は勝ちます』って言ってたよね」と明かすと、井ノ原は「相葉くんに優勝旗を持たせてあげたい。そして去年は負けてしまったので、ちょっとだけ触らせてもらいたい(笑)」と意気込みをアピールした。

一方、大みそかで解散するSMAPに関する質問が飛ぶと、井ノ原が「去年の僕の司会はSMAPがいなかったらできなかった。当日、中居(正広)くんが何回も来て『お前最高だぞ』って盛り上げてくれて。ずっと背中を追いかけてきたけど、あの方々が決めたことは真正面から受け止めます」としみじみと話す。そして「SMAP×SMAP」の最終回でも被災地支援の募金を呼びかけたことを振り返り「最後までみんなのことを心配する、その精神を受け継ぎたいです」と力強く語った。

音楽ナタリーをフォロー