音楽ナタリー

二重跳び惨敗の上坂すみれ、圧倒的人気の“呪いの歌”を歌い出す

2612

二重跳びに挑戦するも失敗する上坂すみれ。

二重跳びに挑戦するも失敗する上坂すみれ。

11月1日、上坂すみれのファンクラブ「コルホーズの玉ねぎ畑」のイベント「秋の植付け祭 ~ぁゃιぃ!うたごえ運動会~」が東京・品川ステラボールで開催された。

上坂がファンクラブイベントを行うのは2回目のこと。5月に東京・東京キネマ倶楽部で行われたキックオフミーティングに続く今回は「うたごえ運動会」の名の通り、上坂が選んだ30曲の中からファンクラブ会員、通称“同志諸君”に聴きたい曲を事前に募り、その上位の楽曲を歌うリクエストライブと、“運動会”が行われた。

COALTAR OF THE DEEPERS「DEAR FUTURE by WATCHMAN feat. Yui Horie」、こおろぎ'73「おじゃまんが山田くん」、電気グルーヴ「誰だ!」、キン肉マン(CV:神谷明)「キン肉マンボ」、明和電気「ツクババリバリ伝説」など、上坂セレクトのリクエスト候補が開場SEとして流れるこの日のステラボールには満員の同志諸君が集結。客電が落ち、ライブイベントの出囃子としておなじみとなった「予感 II」が爆音で流れる中、胸に名前が大書きされたTシャツに、スクールガール風のプリーツスカート姿でステージに登場した上坂は、彼らの怒号のような「ハイ! ハイ!」コールを浴びながら「来たれ!暁の同志」「TRAUMAよ未来を開け!!」「サイケデリック純情」をパフォーマンスした。

曲間のMCで「そういう名前を付けた私が悪いんですけど、図らずも運動会をすることになりました」とボヤきつつ「チクショー!」と「ナンセンス!」のコール&レスポンスを要求した上坂は、「サイケデリック純情」ののち、なぜかクイズコーナーをスタートさせる。その内容は入場時に同志諸君に配られた表に○、裏に×の描かれたうちわを使ったクイズ。ステージ奥のスクリーンに表示される「上坂の出身大学は上智大学、出身学部はロシア文学部である」などの文章の正誤をうちわを使って回答し、最後まで正解し続けた同志に、メダルや「大量に作ってみたはいいけど誰にも配られることのなかった」所属プロダクション・スペースクラフトグループのボールペンなどが贈られるというものだ。

そのまま上坂は同志諸君と“運動会”そっちのけでクイズに興ずるも、コーナー中盤、2013年のライブイベントにもお目見えした声のみのキャラクター、ドクター・アカソが突如登場。以降イベントは「今日のイベントのサブタイトルはなんだっけ?」とツッコミを入れるアカソによって“運動会”らしい展開へと突入する。「運動会といえば?」と問われた上坂が「悪質なクラス内ヒエラルキーが浮き彫りになるイジメ!」と即答し、「リレーもできないし、玉入れもできないし、なんでお前クラスにいるんだよっていう目で見られ……」とブツブツつぶやいているのを尻目にアカソは「上坂すみれは二重跳びを3回連続してできるか?」「上坂すみれは1分30秒以内に玉入れの玉を10個カゴに入れられるか?」という2問を同志に出題。「じゃあ、実際にやってみようよ」と二重跳びと玉入れを彼女に強要した。

運動会のBGMの定番にしてロシアの作曲家、ドミトリー・カバレフスキーの組曲「道化師」の第2曲「ギャロップ」が流れる中、上坂は奮闘するも、結果はあえなく失敗。一度も跳べずに二重跳びを終えた直後には「ムリっス、ムリっス」と力なく繰り返し、玉入れののちには「カゴに入れたあと、みんなに投げるつもりでメッチャ、ボールに落書きしておいたのに!」とカゴに入ったものと入らなかったものの別なく、「天龍革命」「ローストビーフ過剰摂取」などの直筆メッセージが添えられたサインボールを客席へと投げ込んでいた。

その後同志諸君自らが挑戦し、その成否を賭ける大玉送りなどが行われたところでクイズコーナーと“運動会”は終了。上坂は最後まで正解し続けた数名に壇上でメダルとプレゼントを贈ると、スペースクラフト声優部所属の若手声優たちによる組み体操と寸劇を挟んでリクエストライブをスタートさせる。

リクエストライブは得票上位3曲と、4~10位の楽曲のうち上坂が「惜しい」と感じた楽曲2曲が披露される形式で進行。電波ソングの代名詞的1曲にして得票数第3位の楽曲、MOSAIC.WAV「ガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイト」を歌った上坂は、「歌える人には歌ってほしい」と、この日のために制作された歌詞付きのイメージ映像が投影されるスクリーンを背に“惜しい曲”である軍歌「雪の進軍」を大合唱し、第2位、スペースクラフトの先輩・千葉紗子演じるドクロちゃんによるアニメ「撲殺天使ドクロちゃん」のテーマソングと、敬愛してやまない筋肉少女帯の「労働者M」を高らかに歌い上げた。

そして同志諸君の驚きの声とともに発表された、栄えあるリクエスト第1位は「キン肉マン」の登場キャラクター、ミスターカーメンのテーマソング「ファラオの呪い」。2~10位の得票が100~300台に固まっていたにもかかわらず、1位だけが1200以上得票する「とんでもない票差」になった事実と、その楽曲が「キン肉マン」の脇役のキャラクターソングだった事実には上坂もまた、組織票と陰謀論を疑いつつ「この曲のカラオケ音源はどこから調達してきたんだろう?」と首をひねる。しかし気を取り直したか、彼女は「ミスターカーメンを知らないという方も『ぁゃιぃ!うたごえ運動会』で圧倒的な票を獲得した曲の主として長く記憶に留めておいてください」と、ほぼすべての同志が初めて聴くだろうこの曲を満面の笑みで披露した。

上坂が2016年1月に2ndアルバム「20世紀の逆襲」をリリースすることを発表し、アルバム収録の「繋がれ人、酔い痴れ人」を初披露したところでイベントは最終盤に。続けて2ndシングルのカップリング曲「テトリアシトリ」、デビューシングル曲「七つの海よりキミの海」という新旧3曲を連投した彼女は大歓声の中「ありがとうございました!」とステージをあとにする。さらに直後に巻き起こった熱烈な声に応えて行われたアンコールで最新シングル曲「Inner Urge」と2ndシングル曲「げんし、女子は、たいようだった。」という2つのキラーチュンを投下すると、自身と同志のスローガン「生産!」「団結!」「反抑圧!」と、ロシア語で万歳を意味する「Ура」をそれぞれ三唱して、改めて「ぁゃιぃ!うたごえ運動会」を締めくくった。

上坂すみれ「秋の植付け祭 ~ぁゃιぃ!うたごえ運動会~」
2015年11月1日 品川ステラボール セットリスト / オリジナルアーティスト

SE. 予感 II
01. 来たれ!暁の同志 / 上坂すみれ
02. TRAUMAよ未来を開け!! / 上坂すみれ
03. サイケデリック純情 / 上坂すみれ
04. ガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイト / MOSAIC.WAV
05. 雪の進軍(日本の軍歌)
06. 撲殺天使ドクロちゃん / ドクロちゃん(CV:千葉紗子)
07. 労働者M / 筋肉少女帯
08. ファラオの呪い / 河内淳一、ミスターカーメン(CV:堀秀行)
09. 繋がれ人、酔い痴れ人 / 上坂すみれ
10. テトリアシトリ / 上坂すみれ
11. 七つの海よりキミの海 / 上坂すみれ
<アンコール>
12. Inner Urge / 上坂すみれ
13. げんし、女子は、たいようだった。 / 上坂すみれ

音楽ナタリーをフォロー