音楽ナタリー

X JAPANが約20年ぶり新作アルバム、YOSHIKI本人による詳細コメントも

2797

X JAPAN

X JAPAN

X JAPANのニューアルバム(タイトル未定)が来年2016年3月11日に世界同時発売される。

アルバムリリースの発表は7月4日(現地時間)にフランス・パリにて行われたイベント「Japan Expo」内でYOSHIKI(Dr, Piano)本人の口から明かされた。彼らがスタジオアルバムを発売するのは、1996年11月に発表された「DAHLIA」以来およそ19年4カ月ぶりとなる。

今作の発売を記念し、2016年3月12日(現地時間)にはイギリス・The SSE Arena, Wembleyにてリリースパーティー「#XDAY」の開催も決定。会場ではライブのほかにジョン・バトセックがプロデューサー、スティーヴン・キジャックが監督を務めるX JAPANのドキュメンタリー映画が世界初公開される。チケットはLive Nationオフィシャルサイトにて販売中。

またアルバムの発売にあわせ、ナタリーではYOSHIKIから届いたコメントを公開。このコメントではアルバムやドキュメンタリー映画の詳細などについて語られている。

YOSHIKI(Dr, Piano / X JAPAN)コメント

・アルバムの制作状況について
まだ完成していません。最終の締め切りまで、できる限り制作を続けるつもりです。

・アルバムの内容について
シングル曲の寄せ集めではなく、アルバムとして意味があるものにしたいと考えています。今のところイントロダクション的な短い曲も含めて12曲程度になる予定です。数年前の構想では、アルバムの半分は既存曲の英語バージョンにするつもりでしたが、最終的にはすべて新曲という構成になりました。この中にはライブで演奏していない完全な新曲も含まれます。歌詞は90%が英語です。今後音楽がストリーミングに移行していく中、なぜフルアルバムが必要なのかと考え、さんざん悩みましたが、X JAPANがロックバンドとして何をすべきかを考えた結果、集大成といえるアルバムを今こそ作るべきだと思いました。この作品にすべてを集約し、“アルバムの時代”に終止符を打つくらいの気持ちでいます。

・「LUNATIC FEST.」で観客のコーラスを収録した楽曲について
「Kiss the Sky」というプログレッシブな曲で、過去の曲で言うと「ART OF LIFE」のような展開の激しい曲です。今の時代は3分半とか4分の曲が多いですが、あえて9分を超える曲を作りました。アルバム全体のストーリーの核になる楽曲です。

・現在の体調について
手の靱帯が半分くらい切れており、移植手術を勧められています。手術後の療養期間が3、4カ月と言われているので、アルバムの発売やツアーが全部終わってから、2017年の頭くらいに手術をしようと医者と話しています。

・イギリス・The SSE Arena, Wembleyでのライブについて
最初にX JAPANのドキュメンタリー映画を観ていただき、そのあと休憩を挟んでライブが始まるという特殊な形になります。このライブで初めて発表できる曲がいくつかあると思います。この日は通常のロンドン公演ではなくアルバムの発売記念公演なので、ヨーロッパの方に限らず、世界中から来てもらえるとうれしいですね。

・ドキュメンタリー映画について
アメリカのエージェントの紹介で、脚本家がX JAPANのストーリーをまとめたところ、「こんなにドラマチックなことがあるのか。信じられない」という話になり、関係者から映画化のオファーを受けました。メインの撮影自体はアメリカ・ニューヨークのMadison Square Garden公演の数カ月前から行われましたが、どういう時代に僕たちが出会ったのか、X JAPANはどうやって結成されたのか、ヴィジュアル系はどのように始まったのかといったことも映画には盛り込まれます。僕たちのことがハリウッド映画として、外国の方たちの視点で描かれることになると思います。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】