音楽ナタリー

乃木坂46新曲で西野七瀬センター復帰、選抜は最多18人

1220

乃木坂46の11thシングル(タイトル未定)表題曲を歌う選抜メンバーが、昨日1月18日深夜放送のテレビ東京系「乃木坂って、どこ?」にて発表された。

1月7日にリリースしたばかりの1stアルバム「透明な色」がヒットを記録している乃木坂46。続く11thシングルの選抜メンバーは前列5人、中列5人、後列8人の18人で構成される。メディアなどでフロントに立つ機会の多い“福神”メンバーは前作同様に前列および中列の10人。彼女たちは“十福神”として活動することになる。

新曲でセンターポジションに立つのは、西野七瀬。西野は9thシングル「夏のFree&Easy」以来、2作ぶりのセンター復帰となる。西野は今回センターを務めることについて「大事なシングルなのになんで……」と動揺しつつも「プレッシャーがあるんですけど、しっかり逃げずにがんばりたいです。ファンの皆さんとスタッフさんとメンバーのみんなから信頼してもらえるようにがんばります」と意気込みを語った。

西野以外の選抜メンバーは松井玲奈、白石麻衣、橋本奈々未、生田絵梨花、若月佑美、秋元真夏、生駒里奈、桜井玲香、深川麻衣、松村沙友理、相楽伊織、齋藤飛鳥、伊藤万理華、堀未央奈、星野みなみ、衛藤美彩、高山一実。研究生の相楽が初の選抜入りを果たした。そのうち“十福神”は西野のほか松井、白石、橋本、生田、若月、秋元、生駒、桜井、深川の10人が務める。

11thシングルの発売日など詳細は追ってアナウンスされるので、ファンは続報も楽しみにしておこう。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】