音楽ナタリー

氣志團×SCANDALで“世界でいちばん熱い夏”に

264

「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章 #45 SCANDAL vs 氣志團 ~THE GREAT ROCK‘N’ROLL SCANDAL in OSAKA~」大阪・Zepp Namba公演の様子。

「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章 #45 SCANDAL vs 氣志團 ~THE GREAT ROCK‘N’ROLL SCANDAL in OSAKA~」大阪・Zepp Namba公演の様子。

氣志團主催の対バンライブシリーズ「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章」の第14回公演「SCANDAL vs 氣志團 ~THE GREAT ROCK‘N’ROLL SCANDAL in OSAKA~」が、7月24日に大阪・Zepp NambaにてSCANDALをゲストに迎えて開催された。

ライブは恒例の微熱DANJIによる前説コントからスタートする。3人が演じるのは熱狂的な氣志團ファンの“弾くん”“キコチャン”“しーちゃん”。KISSESファッションに身を包んだ弾くん、キコちゃんに続き、しーちゃんはSCANDALの「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」の衣装で登場する。さらに「今、私の愛はね、この人に注がれてるのよ!」と言い、バッグからSCANDALのMAMI(G, Vo)をモチーフにした“MAMIちゃん人形”を取り出すと、SCANDALファンから拍手喝采を浴びた。

先攻のSCANDALはHARUNA(Vo, G)の「大阪、暴れようぜ!」という言葉から「OVER DRIVE」でライブの口火を切る。観客はRINA(Dr, Vo)の鳴らす軽快なビートにあわせ、さっそく体を揺らした。そこへバンドは「もっとアゲていくよ!」とMAMIのエッジィなギターからデビュー曲「DOLL」を投下。ファンがサビでタオルを回すなど、ライブ序盤から会場には一体感が生まれる。さらに4人は「太陽スキャンダラス」で息の合ったバンドアンサンブルにHARUNAの勇ましい歌声とTOMOMI(B, Vo)のキュートな歌声を重ね、ファンを魅了した。

MCではHARUNAが「今日は大好きな氣志團さんと、私たちのホームである大阪で対バンできるということで、めちゃくちゃ楽しみにしてきました」と語る。また「最初の微熱さんのお芝居のSCANDAL愛にも感動しました」と口にすると、ほかのメンバーも「うれしかったねえー!」と声を合わせて喜びを露わにした。さらにHARUNAが「私は学生の頃から氣志團が好きで、聴きながら学校に行ったり、氣志團の曲に支えてもらっていて。気持ちはKISSESと一緒です」とKISSESであることを告白する一幕も。そして「夢って捨てたもんじゃないなと、このステージで思いました。ずっと続けてたら、絶対いいことあると思います」と続け、「願っていれば必ずいいことがあるって気持ちをつづった新曲です」と言い、4人は「夜明けの流星群」を披露した。その後バンドは「Your Song」「太陽と君が描くSTORY」をプレイ。最後は「太陽が描くSTORY」で会場を大きく盛り上げると、深々とおじぎしてステージを去った。

微熱DANJIによる中説コントでは、しーちゃんだけでなく弾くんもSCANDALの衣装で登場。「もう、何やってんのよ!」とキコちゃんがツッコみ、SCANDALファンを喜ばせた。

後攻・氣志團は揃いの長ラン姿で登場。パワフルなインストナンバー「房総スカイライン・ファントム」でライブをスタートさせる。「SCANDALなんか、俺たちがブッ飛ばしてやるよ!」と綾小路翔(Dragon Voice)が威勢よく叫び、5人はなんとSCANDAL「スキャンダルなんてブッ飛ばせ」をカバー。SCANDALファンから歓声が上がる中、ステージにはSCANDALの衣装で揃え、楽器を背負った微熱DANJIも登場。綾小路の男らしい歌声と微熱のエア演奏と振付で魅せたこの曲に、フロアはもちろん、観覧していたSCANDALメンバーも大喜びした。

中盤、綾小路は「みんなのおかげで、SCANDALちゃんとライブできて本当にうれしいです」と語り始める。そして観覧しているSCANDALメンバーに気付くと、「みんな、今日は特別こっち(SCANDALメンバー)を見ながら、俺達のライブを楽しんでいいぜ。その代わり、俺もこっちを見ながらライブするから」と笑わせた。さらに「今までたくさんのライブハウスに出演したけど、こんないい匂いしたステージ袖は今日が初めて。なのに、演奏が始まれば『やられる!』っていう迫力があって」とSCANDALを絶賛した。

その後バンドは「喧嘩上等」、「SUPER BOY FRIEND」で再び会場を熱気に包む。2度目のMCでは「大阪では皆さんに大変ご迷惑をお掛けしました。あれはちょうど10年前のことでございます」と星グランマニエ(G)が酔って転落事故を起こし、大阪城ホール公演を中止にした事件に言及。「あのとき、なんとSCANDALのHARUNAちゃんはチケットを買ってくれていたそうです」と明かされると、ランマは「HARUNAさん、すみませんでしたー!」と謝罪した。團長は「大阪の人には借りを作ってばかりなので、我々は何度でも恩返しに来ます!」と語り、「愛 羅 武 勇」を熱唱。「One Night Carnival」では、「てぃも(TOMOMI)のキャンディボイスが二度と聴けなくてもいいのか!?」と大サビの合唱を強制し、「俺たちはいつだって大阪に、SCANDALに、恋しているのさー」と大阪とSCANDALへの愛を伝え、本編を締めくくった。

アンコールでは團長が「今日はみんなのおかげで本当に幸せな夜でした。HARUNAちゃんが『願っていれば夢は叶う』と言ってくれましたが、それはこっちのセリフです」と感謝と喜びの言葉を伝えた。そしてSCANDALを呼びこみ、「夏ということで……」と言うと、SCANDAL with 氣志團でPRINCESS PRINCESSの「世界でいちばん熱い夏」をセッション。HARUNAがメインボーカル、團長がコーラスを担当し、トリプルギター、ツインベース、ドラムという贅沢な構成で演奏された。早乙女 光(Dance & Scream)は手作りの黒いボックスをかぶって登場し、中にキン肉マンのマイナーキャラ・プリプリマンが描かれた扉を開け閉めしながらクラッカーで金のテープを発射。笑顔があふれるアットホームな雰囲気の中、初の「極東ロックンロール・ハイスクール」大阪公演は幕を閉じた。

オフィス男闘呼塾エンターテインメント Presents 氣志團現象2014「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章」※終了分は割愛

#46 T.M.Revolution vs 氣志團~妖精達の夏物語~

2014年8月11日(月)東京都 Zepp Tokyo
<出演者>
氣志團 / T.M.Revolution

氣志團万博2014 ~房総大パニック!超激突!!~ Presented by シミズオクト

2014年9月13日(土)千葉県 袖ケ浦海浜公園
<出演者>
筋肉少女帯 / 森山直太朗(OPENING CEREMONY ACT) / 氣志團 / 岡村靖幸 / きゃりーぱみゅぱみゅ / 私立恵比寿中学 / ニューロティカ / 味噌汁's / ももいろクローバーZ / and more

2014年9月14日(日)千葉県 袖ケ浦海浜公園
<出演者>
VAMPS / チームしゃちほこ(WELCOME ACT) / 氣志團 / the GazettE / GRANRODEO / 黒夢 / 森高千里 / RIP SLYME / and more

2014年9月15日(月・祝)千葉県 袖ケ浦海浜公園
<出演者>
ふなっしー / 華原朋美(WELCOME ACT) / 氣志團 / AKB48 / ゴールデンボンバー / シド / 仙台貨物 / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / and more

音楽ナタリーをフォロー