音楽ナタリー

鬼束ちひろ&後藤まりこ、渋谷クアトロで熱演披露

521

鬼束ちひろと後藤まりこが、本日10月1日に東京・渋谷CLUB QUATTROのイベント「MY Hi-SCHOOL」に出演。それぞれに個性豊かなパフォーマンスを見せつけた。

鬼束ちひろ

先攻を務めた鬼束はスパンコールのアイドル風ドレス姿で登場し「Hey, Baby! Are you ready?」と英語で観客に呼びかける。彼女のMCはこれ以降も「You are dead!」などほとんど英語。ときおり観客に向けて両手で中指を立てつつ、明るいムードの中でライブを進行させた。

この日はピアニスト&ギタリストを迎えた「鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHES」名義での出演とあって、鬼束は自身もギターを弾きつつマイクに向かい、1曲目「あなたとSciencE」からライブをスタートさせる。この楽曲は12月18日リリースのニューシングルに収録の80年代ニューウェイブ風ポップチューン。さらにBILLYS SANDWITCHESのテーマ曲などを挟んで、中盤では「Do you remember Kiyoshiro?」というMCから、RCサクセション「つ・き・あ・い・た・い」のカバーを披露する場面も。彼女は手拍子で会場に一体感をもたらすと、笑顔でモンキーダンスを踊りつつ、フロアに向けてコンドームをばらまき会場を沸かせた。

後半は「HIDE AND SCREAM」「月光」といった自身の人気曲もアコースティックアレンジで歌唱。「月光」では観客にシンガロングを求め、フロアが大合唱に包まれると、笑顔を見せつつ「Good!」と親指を立てる。ラストは「愛の台詞」をアッパーなシャウトで叩きつけるように歌い上げ、鬼束は盛り上がる客席にレッドブルをまき散らして約35分間のステージを終えた。

後藤まりこ

転換を挟んで登場したのは後藤まりこ。彼女が凛とした表情で発する「いこう!」のひと言からバンドは怒濤のアンサンブルを鳴らし、1曲目「M@HφU☆少女。。」で会場は一気に彼女のペースに引き込まれる。演奏は「ままく」「sound of me」と続き、息の合ったバンドメンバーのサウンドに突き動かされるように、彼女はサンプラーを片手にステージ上を端から端まで飛び跳ねた。

4曲目「ドローン」で後藤は観客の上を歩いてフロアを進み、途中でダイブ状態になりながら後方のミキサーブースにたどり着く。フロア最後方のオーディエンスに対峙して歌を届けたあと、ステージに戻った彼女はそのままスピーカーによじ登り、天井すれすれでシャウト。「ここはボクの場所や。40分だけボクが見世物になるんや。笑けるやろ?」と観客に語りかけ、スピーカーから飛び降りながら「すばらしい世界。」を歌い上げた。

続く「リズム」「m@u」で会場をさらに盛り上げたあと、「あたしの衝動」でその興奮はピークに。彼女は再びフロアをダイブで進み、ステージ後方のカウンターテーブルに立つ。そして観客を巻き込みつつ展開する自身のライブスタイルについて「ボクは1人でライブしてるんと違う。共有したいんや」と告白し、新曲「さなぎの詩」をオーディエンスに届けた。歌い終えた彼女はステージに戻らず、フロア後方の扉からそのまま退出。鳴り止まない拍手の中、イベントはその幕を下ろした。

MY Hi-SCHOOL
2013年10月1日 東京・渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

鬼束ちひろ

01. あなたとSciencE
02. BILLYS SANDWITHES
03. If You Want Blood (You've Got It)(AC/DCカバー)
04. つ・き・あ・い・た・い(RCサクセションカバー)
05. HIDE AND SCREAM
06. 月光
07. 愛の台詞

後藤まりこ

01. M@HφU☆少女。。
02. ままく
03. sound of me
04. ドローン
05. すばらしい世界。
06. リズム
07. m@u
08. あたしの衝動
09. さなぎの詩

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】