映画ナタリー

生駒里奈、欅坂46石森虹花に「キュンとしちゃいました」、主演ホラーの撮影振り返る

297

「コープスパーティー Book of Shadows」記者会見の様子。

「コープスパーティー Book of Shadows」記者会見の様子。

乃木坂46生駒里奈の主演作「コープスパーティー Book of Shadows」の記者会見が東京都内で行われ、欅坂46の石森虹花が本作の重要なキャラクターである篠崎ひのえ役を務めることが発表された。

6月1日に実施された会見には、キャストの生駒、石森、前田希美池岡亮介石川恋青木玄徳、監督の山田雅史が出席。本作が映画初出演となる石森は「大先輩の生駒里奈さんや出演者の皆さんが優しくアドバイスをくださったので、安心して撮影に臨むことができました!」とコメント。その言葉を受けて、生駒は恥ずかしそうに「アドバイスできるほど私は先輩ではないですが……(笑)」と前置きしながら「自分のときのことを思い出して、(現場で)引いていたらいけないよと伝えました。あとマイクを付けるのにすごく手こずっていたので、私と私のマネージャーさんの2人がかりで付けてあげたんです。そこでちょっとキュンとしちゃいました」と明かした。

生駒、前田、池岡の3名は前作に続いての出演となる。生駒は「久しぶりにみんなに会えてうれしかったです! みんな仲が良くて和気あいあいと撮影できたと思います。作品はホラーだけど、休憩中は青春映画を撮っているような雰囲気なんですよ」と撮影時を振り返る。そして前田は「ロケ地が前作と同じだったので、またみんなで帰ってきたんだなあと思いました。ちょっと早めの同窓会みたいでしたね」と、池岡は「団結力が深まったなって感じがしました」とそれぞれ語った。

本作から仲間入りする青木は「霊的なものが怖かったです! この作品に出たことによって、自分の人生が変わってしまうほどの呪いを受けるんじゃないかって思って……(笑)」と述懐。石川は「前回から出演しているメンバーになじめるかなと不安でしたが、皆さんすごく優しくて。ホラーは苦手なほうなのですが、途中からは怖さを感じずに楽しんで撮影することができました」とにこやかに話す。また山田は「今作もグロテスクな描写が盛りだくさんです。前作と関係の深い物語になっていますので、前作を観た方はぜひ楽しみにしていてください!」と、同シリーズのファンにメッセージを送った。

7月30日に封切られる「コープスパーティー Book of Shadows」は、前作「コープスパーティー」の半年後を描いた作品。生駒扮する直美と友人のあゆみが悲劇の舞台となった小学校へ戻り、死んだ友達を取り戻そうとするさまを追う。

(c)2016 Team GrisGris / MAGES. / 5pb. / 映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会

映画ナタリーをフォロー