映画ナタリー

舘、柴田ら「あぶ刑事」キャストが歌舞伎町に降臨!レッドカーペットを闊歩

1420

左から浅野温子、舘ひろし、柴田恭兵、仲村トオル。

左から浅野温子、舘ひろし、柴田恭兵、仲村トオル。

本日1月12日、東京・TOHOシネマズ 新宿にて「さらば あぶない刑事」完成披露試写会が行われ、上映前のレッドカーペットイベントと舞台挨拶に舘ひろし、柴田恭兵ら12名が登場した。

この日TOHOシネマズ 新宿前で催されたレッドカーペットには、約1000人の「あぶ刑事」ファンが押し寄せた。まずはゲスト出演者の菜々緒、夕輝壽太、吉沢亮、入江甚儀がベンツに乗って登場。続いてベンガル、伊藤洋三郎、長谷部香苗の「あぶ刑事」レギュラーキャストと監督の村川透がベンツから降りると、ファンから一層大きな歓声が上がる。そしてついに真っ白いリムジンに乗った舘、柴田、浅野温子、仲村トオルが到着すると、会場の熱気は最高潮に。キャストらは握手やサインなどファンサービスを行いながら約50mのレッドカーペットを闊歩した。寒い中長時間待っていたファンの姿を見て、舘は「皆さんのあったかい気持ちが胸に染みました」としみじみコメント。柴田も「みんなの期待に応えられる映画ができました」と自信を覗かせつつ、「この映画は1回観るより2回観るほうが面白いです!」と冗談混じりにアピールした。

続いてキャストらはTOHOシネマズ 新宿内での舞台挨拶へ。シリーズ最終章と謳われている本作について、仲村は「『あぶ刑事』のラストというのは30年の中で何回かあったんですが、今度こそ最後ということで寂しい気持ちがあります。皆さんに応援していただけると何か奇跡が起こったりするのかな、なんてちょっとだけ期待しております」と思わせぶりな発言。これを笑って聞いていた舘だが、今作にかける思いを「最初の『あぶない刑事』に戻りたいなと思って原点回帰のつもりで作りました。今回、初めて監督とプロデューサー、脚本家、それに恭サマ(柴田)と僕で作る前にミーティングをしたんです」と熱く語る。しかし「オンコ(浅野)のところだけは……オンコが突然ドワーッと入ってきてそのまま出て行くという、予想外なことが起きていますが」と首をかしげる。また柴田が「本当は僕は70歳を過ぎてからやりたいなと思っていたんです。そうしたら舘さんがセリフを覚えられないのも多少言い訳ができるたりするので(笑)。でもこの歳でやれて、舘さんもセリフ覚えられたし僕もちゃんと走れたし、楽しい作品になったなと思います」と話すと、舘は彼の肩に手をかけて参ったという様子で笑った。

先ほどの舘の言葉を受け、浅野は「原点って何?ってことを考えたとき、やってることは辻褄が合わないけど“『あぶ刑事』だからね”ってみんなに認めさせちゃうところなんじゃないかと思って。私なりに真面目にやってたら、『お前だけが全部なぎ倒してブルドーザーみたいだった』なんて言われちゃったのよ!」とご立腹。劇中で真っ青なスーツや原宿系ファッションなどド派手な衣装を着用している浅野は、監督から「お願いだから1着くらい普通のを着て」と泣いて頼まれたというエピソードを披露し笑いを誘った。続いて前作で課長に昇進した町田透役の仲村は「僕が演じるべき原点は、課長の席に残っている(初代課長を演じた)中条(静夫)さんの匂いだったのかなと。意識していなかったんですが完成したものを観たら町田透からそれが匂っていて……」と明かすが、ここで舘から「俺はまったく感じなかった!」と野次が。「僕、自分に甘いですかね?」という仲村に、舘は厳しく「甘い!」と言い切ってみせる。

ゲスト出演者として、タカのフィアンセ役を演じた菜々緒。歴史ある作品のヒロインを演じたことを「私なんかでいいのかなって思うくらいプレッシャーと不安が入り混じった気持ちで現場に入ったのですが、皆さん温かく迎えてくれた」と振り返り、「(舘と柴田という)最強のバディの間に入ってお芝居できたことを、今までにないくらい誇りに思います」と笑顔を見せた。

最後も柴田は「この映画、絶対ヒットする自信があります! ……でも万が一ってことがあります。だから今日観て面白かったら恋人と一緒に、恋人がいない人は友だちと一緒に、友だちがいない人はご両親と一緒にお金を払って観てください」とジョークで挨拶。そして舘が「手前味噌ですが、いい作品ができたと思っています。携わってくれた俳優さん、スタッフさん、そしてここにいる皆さんに心から感謝したいと思います」と述べ、舞台挨拶を締めくくった。

「さらば あぶない刑事」は1月30日より全国ロードショー。

(c)2016「さらば あぶない刑事」製作委員会

映画ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】