映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

あぶ刑事コンビや松田優作の話も、“和製ハードボイルドを作った男”村川透の書籍

116

ハードボイルド作品「野獣死すべし」を手がけ、「あぶない刑事」シリーズにも参加した監督・村川透の人生に迫る書籍「映画監督 村川透 和製ハードボイルドを作った男」が、1月22日に発売される。

最新作「さらば あぶない刑事」の公開を1月30日に控えるなど、現在78歳にして現場の第一線で活躍する村川。この書籍は、村川の幼少期から最新作撮影現場の様子までを、本人や関係者の発言を交えてつづったもの。「最も危険な遊戯」に端を発する「遊戯」シリーズや「蘇える金狼」「野獣死すべし」などでタッグを組んだ松田優作、「あぶない刑事」シリーズ主演の舘ひろし柴田恭兵とのエピソードも明らかにされる。

なお2月11日には、東京・書泉グランデにて村川や著者の山本俊輔、佐藤洋笑ら登壇のトークイベントを開催。1月22日の10時より同店舗3階にて「映画監督 村川透 和製ハードボイルドを作った男」を購入した先着50名に参加券が配布される。トーク終了後にはサイン会も開催予定だ。

「映画監督 村川透 和製ハードボイルドを作った男」発売記念トークイベント

2016年2月11日(木・祝)東京都 書泉グランデ7F
開場 12:30 / 開演 13:00
<ゲスト>
村川透 / 丸山昇一(脚本家)
<司会>
山本俊輔(著者)/ 佐藤洋笑(著者)

映画ナタリーをフォロー