映画ナタリー

「すべては千葉雄大の笑顔のため」、久保田悠来ら「Mr.マックスマン」キャスト語る

665

「Mr.マックスマン」トークショーの様子。左からなだぎ武、青木玄徳、丸山敦史、千葉雄大、Mr.マックスマン、山本美月、永瀬匡、久保田悠来。

「Mr.マックスマン」トークショーの様子。左からなだぎ武、青木玄徳、丸山敦史、千葉雄大、Mr.マックスマン、山本美月、永瀬匡、久保田悠来。

本日8月12日、「Mr.マックスマン」のトークショーが東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、キャストの千葉雄大山本美月永瀬匡久保田悠来青木玄徳丸山敦史なだぎ武が登壇した。

テレビ朝日と吉本興業が共同制作した本作は、第7回沖縄国際映画祭のTV DIRECTOR’S MOVIE部門で上映された特撮ヒーローアクション。ひょんなことから超人的なパワーを手にしたテレビ局アナウンサー・谷口正義が、正義のヒーローとして立ち上がるさまを描く。

谷口を演じた千葉は、「中学生のとき、卒業アルバムの『なりたい職業』という欄にアナウンサーって書いたんです。演じてみて、滑舌とか話し方とか勉強になりましたね」と明かす。山本は、2回目の共演となった千葉について、「まったりとしているというか、居心地のいい感じです」と述懐。千葉が「よく言われるんですよね。癒し系とかマイナスイオン出てそうとか」と、笑いを誘う。

久保田は、報道番組のディレクターを演じたことについて「今後の再就職に役立つなと思いました。履歴書に書けることが1つ増えました」と話し、MCから「テレビ局の人を見ていて、こういうところ嫌だなと思ったことはありませんか」と聞かれると、「一切ございません! 感謝のみです」ときっぱり返答した。AD役を演じた青木が「現場ではアドリブを要求されることが多くて」と振り返ると、千葉が「久保田さんが超適当なことばっかり言うんです」と暴露。久保田は「千葉くんの笑顔が見たかったんで」と釈明する。

喫茶店のマスター役を演じたなだぎは、「僕の役は、本当は別の方が演じられる予定だったんですよ。それが、撮影日の前日の夜に連絡があって、どういう役かもわからずに現場に行って演じたんです」と回想。千葉が「いざ撮影に入ると、セリフがたくさんあるのに(なだぎさんは)ミスもせず演じられていて、すごいなと思いました」と称賛すると、なだぎは「セリフ覚えたのに千葉くんがアドリブ入れてくるんですよ!」と笑わせ、「余裕はなかったけど、やっぱりアドリブで返したいなと思ってね。千葉くんの笑顔が見たいから」と話す。さらに久保田が「すべては千葉雄大の笑顔のために、ということです」と断言し、会場を沸かせた。

終盤には、お笑い芸人のネルソンズを含む4人の男が客席から乱入。「イベントを壊しに来た」と言いつつネルソンズがコントを披露するも、なだぎの要請で千葉が舞台袖にはけ、Mr.マックスマンに変身して4人を撃退した。

「Mr.マックスマン」は、10月17日より全国公開される。

映画ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】