コミックナタリー

「惡の華」ドラマCD発売、アニメEDはASA-CHANG&巡礼

100

押見修造原作によるTVアニメ「惡の華」の第1回上映会が、本日3月21日に科学技術館サイエンスホールにて行われた。イベントでは、コンセプトアルバム「惡の蕾」が5月22日にリリースされることが明かされた。

「惡の蕾」は、原作で描かれている内容より前のエピソードが紡がれるドラマCD。春日が初めてボードレールの「惡の華」を読んだときのエピソードや、春日が佐伯を好きになったきっかけが明かされるエピソードなど、全6話が収録される予定だ。エピソードは、押見がマンガで描き下ろし。なおドラマCDに描き下ろしマンガは付属しない。

エンディング曲は、ASA-CHANG&巡礼がセルフリアレンジした「花 -a last flower-」に決定。また宇宙人が担当するオープニング曲が、5月22日にリリースされることが発表された。7月3日には音響ユニット電子海面としても活躍している深澤秀行による「惡の華」サウンドトラックも発売される予定だ。

※特集記事へはこちらから!
コミックナタリー - [Power Push]アニメ「惡の華」、原作者・押見修造と監督・長濱博史が対談

コミックナタリーをフォロー