コミックナタリー

手塚治虫文化賞大賞は「ヒストリエ」、新生賞は伊藤悠

332

第16回手塚治虫文化賞の受賞作が発表された。マンガ大賞に選ばれたのは、岩明均「ヒストリエ」。

「ヒストリエ」は月刊アフタヌーン(講談社)で連載中の、紀元前を舞台にした歴史マンガ。アレキサンダー大王の書記官を務めた、エウメネスの波乱に満ちた生涯を描く。実在した人物の物語だが、「史実通りならば結末がわかっているのにドキドキさせる」「力の抜けた表現による浮遊した感じは現代の若者に通じる」と選考委員の評価を集め、大賞に輝いた。

また清新な才能や斬新な表現に贈られる新生賞は、月刊!スピリッツ(小学館)で連載中の「シュトヘル」を手がける伊藤悠が獲得。短編賞は「酒のほそ道」などで知られるラズウェル細木が受賞した。このほか特別賞には子供たちに元気や勇気を与えたとして、東日本大震災の被災地・仙台市の塩川書店で回し読みされた「あの少年ジャンプ」が選ばれた。特別賞の賞金100万円は塩川書店を通じ、大震災出版復興基金に寄付される。

贈呈式は5月25日に浜離宮朝日ホールで開催。大賞を受賞した岩明と、選考委員のあさのあつこ、永井豪が作品などについて語り合う記念イベントも実施される。贈呈式および記念イベントには一般招待席も設けられるため、希望者は同賞の特設サイトに書かれた応募要項に従い申し込もう。

コミックナタリーをフォロー

  • >読者アンケート実施中
  • コミックナタリー大賞