コミックナタリー

近藤ようこ未単行本化作品入り短編集「帰る場所」と新装版「水の蛇」同時発売

101

近藤ようこの単行本「帰る場所」と「水の蛇」が、明日2月25日にKADOKAWAより同時発売される。

「帰る場所」は、1994年に新潮社より発売された単行本「極楽ミシン」を再構成した短編集。別の作品集にも収録されている「這子」「赤い爪」「花束」の3本が外され、未単行本化となっていた表題作「帰る場所」と「豆腐」の2本が新たに加えられた。

「水の蛇」は、1988年に角川書店から刊行されていた作品集の新装版。表題作をはじめ「亜利紗の明日」「スイート・オムレット」「知らない顔」といった読み切りや、全4話の連作「公園の四季」が収められている。

コミックナタリーをフォロー