コミックナタリー

「有頂天家族」が京都特別親善大使に任命!間島淳司ら2期の新キャストも発表

4750

森見登美彦原作、久米田康治キャラクター原案によるテレビアニメ「有頂天家族」シリーズが、京都特別親善大使に就任。またアニメ「有頂天家族2」のメインビジュアルや、第2期より登場する新キャラクターのキャストが発表された。

本日1月12日に京都・下鴨神社境内にて、「『有頂天家族2』成功祈願!下鴨神社 糺の森たぬきの集い」と題したイベントが行われた同作。京都ブランドの向上及び観光振興を目的に、京都市が新たに設ける「京都特別親善大使」にアニメ「有頂天家族」シリーズが任命され、イベントでは京都市長と作品関係者による任命式が実施された。また京都特別親善大使の就任を記念したビジュアル、オリジナルのロゴマークもお披露目。

加えて4月9日より放送がスタートする「有頂天家族2」に、二代目役として間島淳司、玉瀾役として日笠陽子、呉一郎役として中村悠一、天満屋役として島田敏の出演が決定。主題歌はmilktub、エンディングテーマはfhanaが手がけることも明かされた。

さらに「有頂天家族」のキャラクターたちが“おもしろき古都・京都”を紹介する「おもしろき古都は、良きことなり」キャンペーンが、京都市内を皮切りに全国各地で展開。2月1日からは「有頂天家族」ほか、森見登美彦作品にたびたび登場する叡山電車とのコラボレーションが実施される。電車「こもれび」の車内にアニメ「有頂天家族」のキャラクター、設定、美術ボードなどがポスターで登場し、出町柳駅から鞍馬駅までの区間を、5月30日まで走行する。叡山電車とは今後もさまざまなコラボが実施される予定だ。

アニメ「有頂天家族2」は、2015年に刊行された森見による小説の続編「有頂天家族 二代目の帰朝」が原作。京都を舞台に、下鴨神社・糺の森に暮らす狸の一家を中心とした、波乱万丈で家族愛溢れるコメディだ。

アニメ「有頂天家族2」

2017年4月9日(日)よりTOKYO MX、KBS京都、北日本放送ほかにてオンエア
dアニメストアでも配信

スタッフ

原作:森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」(幻冬舎)
キャラクター原案:久米田康治
監督:吉原正行
シリーズ構成:檜垣亮
キャラクターデザイン/総作画監督:川面恒介
美術監督:竹田悠介、岡本春美
音楽:藤澤慶昌
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:P.A.WORKS
製作:「有頂天家族2」製作委員会

キャスト

矢三郎:櫻井孝宏
矢一郎:諏訪部順一
矢二郎:吉野裕行
矢四郎:中原麻衣
弁天:能登麻美子
母(桃仙):井上喜久子
赤玉先生:梅津秀行
金閣:西地修哉
銀閣:畠山航輔
海星:佐倉綾音
淀川教授:樋口武彦
二代目:間島淳司
玉瀾:日笠陽子
呉一郎:中村悠一
天満屋:島田敏

(c)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族2」製作委員会

コミックナタリーをフォロー