コミックナタリー

柳楽優弥&ムロツヨシ、鈴木亮平の“おいなりさん”は「悪いものじゃない」

409

「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」の舞台挨拶の様子。

「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」の舞台挨拶の様子。

あんど慶周原作による実写映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」が、本日5月14日に封切られ、東京・新宿バルト9にて初日舞台挨拶が行われた。

「HK/変態仮面」の続編となる今作は、パンティが消えるというニュースが連日メディアを賑わせている中、愛子とすれ違いながらも巨悪に立ち向かう、大学生になった狂介の姿を描く。変態仮面に変身する主人公・色丞狂介役を鈴木亮平、ヒロインの姫野愛子役を清水富美加、愛子に片思いする真琴正役を柳楽優弥、変態仮面に復讐を誓う大金玉男役をムロツヨシ、狂介の母・魔喜役を片瀬那奈がそれぞれ演じている。

まずステージにはCTS南波志帆が登場し、主題歌「WAVINESS feat.南波志帆」を披露。続いて鈴木亮平、清水富美加、柳楽優弥、ムロツヨシ、片瀬那奈らキャスト陣と、福田雄一監督が登壇した。

最初にマイクを持った鈴木は「普通のスーツで出てきてしまってすみません(笑)。客席にはパンティを被ってこられた方もいるのに、被ってこなかったことを後悔してます」と笑顔で謝罪。福田監督は「この作品は本当に念願だったんたんですけど、3作目の前にまず『アベンジャーズ』を挟んで『3』という構想がございます」と某アメコミを思わせる野望を語った。

福田監督から、撮影前に「フラミンゴと社交ダンスの動きをマスターしておいてくれ。研究の結果、一番変態的だから」と頼まれていたという鈴木は、1カ月かけてその動きをマスターしたという。そして壇上では実際にフラミンゴの動きを取り入れたアクションをで柳楽の頭を掴む。しかし距離感を誤ったようで、ムロに「今、いい音したけど大丈夫?」と心配される事態に。

続いて清水が「前作に出させていただいたとき、『ふざけたことを真面目にやる』ということを理解しきる前に撮影が終わったことを後悔してました。だから続編には呼ばれないだろうと思ってて……」と心情を語る。「例えば(続編のヒロインは)誰になると思ってたんですか?」と聞かれると、清水は「広瀬すずちゃんとか……」と答え、ムロが「大丈夫、広瀬すずちゃんは『変態仮面』に出ない!」とツッコむ。さらに清水が今作について「月9ばりの気合を入れて演じました」とコメントすると、またしてもムロに「これは月曜9時にやらない!」とツッコまれ観客を笑わせる。

柳楽は今作の撮影について「鈴木さんの身体が前作と違うのが一番印象的」と、鈴木の身体がひと回り大きくなったことについてコメント。変態仮面の“おいなりさん”を受けた感触については「不思議ですよね(笑)」と語り、ムロと「悪いものじゃないよね(笑)」と笑い合った。柳楽は今作では2回“おいなりさん”の餌食になったとのことで、「ありがとうございます」と謎の感謝を示していた。

前作が12歳未満は保護者同伴でしか閲覧できないPG12指定で、今作が全年齢対象になったことについて話が及ぶと、福田監督は「前作から小学生がお友達と来る映画にしたかったんですけど、映倫に台本を提出したら『台本に“チ○コ”っていう言葉が多すぎる』って言われて……」と苦笑い。さらに「何個かを“ティンコ”に変えて再提出したんですが『あまり変わりません』と(笑)。だから今回はどうしても小学生に見てもらいたくて、映画の中で1回しか言ってません。これはむしろファミリー映画です」と誇らしげに語った。

最後に鈴木が「“HERO”ってなんだ?って考えた時に、スペルをよく見ると“H”と“エロ(ERO)”なんですよね。“H”というのは“変態”の頭文字ですから、変態でエロ、これを満たしてるヒーローこそが本物なんですよ。本物のヒーローが見たいなら、この映画を見ろ!」と力強く語り、ムロが「すげえ!大統領選のスピーチ見てるみたい」と絶賛した。

映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」は本日5月14日より全国ロードショー。

なおナタリーストアでは、映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」公開記念グッズを販売中。

映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」公開記念グッズ
※ご購入はこちらから!
映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」公開記念グッズ

(c)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

コミックナタリーをフォロー