休み時間を繰り返す女子高生たち、三毛猫座「アンドロイドは毒をも喰らう」

劇団三毛猫座「アンドロイドは毒をも喰らう」が、8月20日から22日まで京都・THEATRE E9 KYOTOで上演される。

劇団三毛猫座 第6回本公演「アンドロイドは毒をも喰らう」チラシ表

劇団三毛猫座 第6回本公演「アンドロイドは毒をも喰らう」チラシ表

大きなサイズで見る(全4件)

necoが主宰する三毛猫座は、2015年に活動を開始した団体。京都市立芸術大学出身者たちが旗揚げした同劇団では、“聞く舞台”をコンセプトとした演劇作品を発表してきた。今回は同団体が2018年に初演した「アンドロイドは毒をも喰らう」が上演される。

脚本を諏訪原早紀、演出をnecoが担う本作は、クラス全員がアンドロイドという設定で、プログラムされた通りの休み時間を繰り返し続ける女子高生たちの群像劇。あるとき、9台だったはずのアンドロイドが1台、クラスから逃げ出した。その穴を埋めるかのようにやって来た転校生・クラリカは「私は、人間です」と言い……。

出演者には宮本結妃、大塚啓、中村千奈美、柴田奈緒、山中麻里絵、つちはしゆう奈、もりたまゆこ、阿僧祇、綾乃、大崎緑、そしてアンダーキャストの永久が名を連ねた。現在、三毛猫座の公式YouTubeチャンネルでは、本公演のプロモーションビデオが公開されている。

この記事の画像・動画(全4件)

劇団三毛猫座 第6回本公演「アンドロイドは毒をも喰らう」

2021年8月20日(金)~22日(日)
京都府 THEATRE E9 KYOTO

脚本:諏訪原早紀
演出:neco
出演:宮本結妃、大塚啓、中村千奈美、柴田奈緒、山中麻里絵、つちはしゆう奈、もりたまゆこ、阿僧祇、綾乃、大崎緑、永久

※大崎緑の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。
※永久はアンダーキャスト。

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします