NISSAY OPERA、園田隆一郎×伊香修吾の「ラ・ボエーム」が2021年版で登場

11

NISSAY OPERA 2021「ラ・ボエーム」が6月12・13日に東京・日生劇場で上演される。

NISSAY OPERA 2021「ラ・ボエーム」チラシ表

NISSAY OPERA 2021「ラ・ボエーム」チラシ表

大きなサイズで見る(全3件)

オペラ「ラ・ボエーム」は、ジュゼッペ・ジャコーザとルイージ・イッリカの台本、ジャコモ・プッチーニの作曲で、19世紀半ばのフランス・パリに暮らす若者たちの夢や恋、友情を描いたもの。今回は2017年に上演された指揮者・園田隆一郎と演出家・伊香修吾のタッグによるプロダクションを、再構築して送る。

本公演は、日本語訳詞上演となり、初心者にも親しみやすい舞台となっている。園田は「パリの屋根裏部屋に暮らす、貧しいけれど希望に満ちた若者たち。彼らの恋愛と友情、喜びと悲しみをプッチーニの美しいオーケストラがじっくりと描いていきます。私自身、今まで何度も観て聴いて、何度も指揮してきましたが、毎回新鮮な感動を与えてくれるオペラです」と作品への思いを語り、伊香は「前回の演出を単に手直しするのではなく、2017年版と向かい合うような新しい2021年版をつくりたいと考えています」と上演への意気込みを見せた。

この記事の画像・動画(全3件)

NISSAY OPERA 2021「ラ・ボエーム」

2021年6月12日(土)・13日(日)
東京都 日生劇場

台本:ジュゼッペ・ジャコーザ、ルイージ・イッリカ
作曲:ジャコモ・プッチーニ
指揮:園田隆一郎
演出:伊香修吾
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

キャスト

ミミ:安藤赴美子(12日)、迫田美帆(13日)
ロドルフォ:宮里直樹(12日)、岸浪愛学(13日)
ムゼッタ:横前奈緒(12日)、冨平安希子(13日)
マルチェッロ:今井俊輔(12日)、池内響(13日)
ショナール:北川辰彦(12日)、近藤圭(13日)
コッリーネ:デニス・ビシュニャ(12日)、山田大智(13日)
ベノア:清水宏樹(12日)、清水良一(13日)
アルチンドロ:小林由樹(12日)、三浦克次(13日)

パルピニョール:工藤翔陽

福留なぎさ、高橋拓真、相原里美、明珍宏和

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします