谷桃子バレエ団70周年記念公演、「リゼット」&伊藤範子演出作を上演

15

谷桃子バレエ団70周年記念新春公演「『70周年記念作品』&『リゼット』(全幕)」が1月18・19日に東京・東京文化会館 大ホールで上演される。

谷桃子バレエ団70周年記念新春公演「『70周年記念作品』&『リゼット』(全幕)」チラシ表

谷桃子バレエ団70周年記念新春公演「『70周年記念作品』&『リゼット』(全幕)」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

1962年に日本初演された「リゼット」は、振付家スラミフ・メッセレルが谷桃子のために再振付した作品。フランス・ボルドーの田園を舞台に、やんちゃ娘のリゼットと、その恋人コーラを軸としたコミック・バレエが繰り広げられる。70周年の節目に上演される今回の公演には、若手ダンサーたちが登場。また伊藤範子が演出・振付を手がける「70周年記念作品」は、カリンニコフの楽曲を使用したシンフォニック・バレエとなっている。

この記事の画像(全2件)

谷桃子バレエ団70周年記念新春公演「『70周年記念作品』&『リゼット』(全幕)」

2020年1月18日(土)・19日(日)
東京都 東京文化会館 大ホール

「70周年記念作品」

演出・振付:伊藤範子

「リゼット」(全幕)

演出・指導:高部尚子

※高部尚子の「高」は、はしご高が正式表記。

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします