音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ももクロ新曲「BIONIC CHERRY」で正義の怪盗を応援だZ

358

ももいろクローバーZの新曲「BIONIC CHERRY」が、10月22日より公開される映画「サルベージ・マイス」の主題歌に決定した。

「サルベージ・マイス」は、谷村美月演じる正義の怪盗サルベージ・マイスが広島県の観光名所10カ所を舞台に、高価な美術品ばかりを狙う窃盗グループと戦う“痛快世直し”エンタテインメント。平成の「仮面ライダー」シリーズなど特撮映画を数多く監督した田崎竜太と、「少林サッカー」「マッハ!!」を大ヒットに導き、2008年の「ハイキック・ガール!」では自らメガホンを持ったプロデューサー兼アクション監督の西冬彦がタッグを組んだ作品だ。

主題歌に起用された「BIONIC CHERRY」は、ももクロにとって7月27日発売の1stアルバム「バトル アンド ロマンス」以来の新曲。なお、映画予告編にはアルバム収録曲「CONTRADICTION」が使用されており、この映像は映画オフィシャルサイトにて公開されている。

今回の発表にあわせ、主演の谷村美月と映画初出演の新人・長野じゅりあ、そしてももいろクローバーZの計7人が一緒にポーズをとった集合写真が到着した。ももクロの5人は「『サルベージ・マイス』の一員になれてとてもうれしいです。サルベージ・マイスと一緒に日本を元気にしたいと思います」と大喜びで、谷村は「ももクロメンバーはみんな元気いっぱいでかわいらしくて、スカーフがなびいた状態で固定されているのに感激しました」とコメント。すべてが初体験の長野は「ただひたすら緊張しちゃいました。早く学校の友達に話したくてうずうずしています」と写真撮影の感想を語った。

映画「サルベージ・マイス」は10月22日より、広島バルト11、T・ジョイ東広島ほか、映画の舞台となった広島県で先行上映がスタート。その後各地で順次公開される。

音楽ナタリーをフォロー