吉田鋼太郎、昭和の頑固親父演じる「おいハンサム!!」は“自分の代表作にしたい”

1

105

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 21 73
  • 11 シェア

連続ドラマ「おいハンサム!!」で主演を務める吉田鋼太郎のインタビューコメントが到着した。

「おいハンサム!!」

「おいハンサム!!」

大きなサイズで見る(全6件)

「おいハンサム!!」メインビジュアル

「おいハンサム!!」メインビジュアル[拡大]

伊藤理佐のマンガを、「ランチの女王」の山口雅俊による脚本、演出、プロデュースで実写化する本作。吉田演じる頑固親父・伊藤源太郎が、男を見る目がない3人の娘の幸せを願って奮闘するホームコメディだ。木南晴夏が長女・由香、佐久間由衣が次女・里香、武田玲奈が三女・美香、MEGUMIが源太郎の妻・千鶴を演じる。

「おいハンサム!!」

「おいハンサム!!」[拡大]

「おいハンサム!!」

「おいハンサム!!」[拡大]

伊藤による「おいピータン!!」を原作にしながら「渡る世間はオヤジばかり」「チューネン娘。」といった作品の要素もミックスされた本作。吉田は源太郎のキャラクターを「3人の娘たちがかわいくて大事でしょうがないんだけど、その思いを面と向かって言えない人」と紹介。「昭和のお父さんというと口数が少ないイメージですよね。でも娘たちへの愛を何か行動によって伝えたいという気持ちはいっぱいで、そういうところが非常にほほえましく『がんばってるな』と思えるお父さんなんです」と語る。さらに「実は、頑固親父が出てくるホームドラマって最近では割と絶滅状態だったと思うので『令和にあえて昭和のホームドラマ』というコンセプトは面白いのではないかと思います!」とアピールした。

「おいハンサム!!」

「おいハンサム!!」[拡大]

ドラマは11月下旬にクランクイン。吉田は現場を率いる山口を「天才」と称しつつ、「当日に台詞が20秒増えたり、サプライズが起きる現場。僕ら俳優陣のやる気を喚起して『そう来るか!? じゃあ、こう応えよう!』みたいに、いい意味で監督と俳優のバトルが繰り広げられています」と笑う。「普段は芝居でもアドリブを挟み込むのが好き」という吉田だが、本作ではアドリブを止めているそう。「山口監督が繰り出す演出や要求を1つひとつクリアしていくと、ふっと面白いシーンができあがる現場。アドリブを止めたときに自分がどういう芝居ができるのか。また違う自分を発見できるんじゃないかという気がするので、そういう意味でターニングポイントだらけの作品。『自分の代表作にしたい!』と思っています」と意気込みを語った。

「おいハンサム!!」は1月8日に東海テレビ・フジテレビ系でスタート。毎週土曜23時40分からオンエアされる。

土ドラ「おいハンサム!!」

東海テレビ・フジテレビ系
2022年1月8日(土)~2月26日(土)毎週土曜 23:40~24:35
※全8回(予定)

この記事の画像(全6件)

(c)東海テレビ/日本映画放送

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

吉田鋼太郎、昭和の頑固親父演じる「おいハンサム!!」は“自分の代表作にしたい”(コメントあり)
https://t.co/JSDr2z0HkC

#おいハンサム #吉田鋼太郎 https://t.co/K0fnV72lCt

コメントを読む(1件)

関連記事

吉田鋼太郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 吉田鋼太郎 / 山口雅俊 / 木南晴夏 / 佐久間由衣 / 武田玲奈 / MEGUMI の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。