伊藤万理華がTAMA映画賞で最優秀新進女優賞に、「映画を未来につなげる」と意気込む

7

944

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 172 733
  • 39 シェア

第13回TAMA映画賞の授賞式が本日11月21日に東京・府中の森芸術劇場 どりーむホールで行われ、最優秀新進女優賞を受賞した伊藤万理華が登壇した。

伊藤万理華

伊藤万理華

大きなサイズで見る(全4件)

伊藤万理華

伊藤万理華[拡大]

伊藤は「サマーフィルムにのって」「息をするように」に出演。「サマーフィルムにのって」について尋ねられると「脚本の三浦(直之)さん、監督の松本(壮史)さんが描きたかった最後のシーンに向けて、なんとかつなげようという気持ちでした」と回想。また「ちょうど10年前、15歳のときにこの世界に入りました。初めて映像作品に出演したとき、これから映像作品や映画に関わっていくんだろうなと、ときめいた感覚がありました。今こうして賞をいただけたことがうれしいです。『サマーフィルムにのって』で伝えていることと同じく、映画を未来につなげられるよう、役者としてがんばっていきたいと思います」と意気込みを述べた。

ドライブ・マイ・カー」「椿の庭」「おらおらでひとりいぐも」「アイヌモシリ」に参加した三浦透子はメッセージ映像で登場。「恵まれていると日々実感しています」と述べ、「関わることができた作品の1つひとつが、私をここに導いてくれたのだと思っています。改めて、これまで出会ってくださったすべての方々にお礼を申し上げます。これからも丁寧に素直に、お芝居と向き合っていきたいと思います」と話した。

映画ナタリーでは、同授賞式の様子を引き続きレポートする。

※「アイヌモシリ」の「リ」は小文字が正式表記

この記事の画像(全4件)

読者の反応

  • 7

Muriel Bellini @murielbellini

hermoso film y su actriz <3 https://t.co/iFlJee4am7 https://t.co/FAZWheBdYv

コメントを読む(7件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

伊藤万理華のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サマーフィルムにのって / 息をするように / ドライブ・マイ・カー / 椿の庭 / おらおらでひとりいぐも / アイヌモシリ / 伊藤万理華 / 三浦透子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。