河瀬直美「1000年先にも届くように」、なら国際映画祭の初日に春日大社で奉納

60

なら国際映画祭 for Youth 2021が9月18日から本日20日まで開催。初日の18日には、奈良・春日大社で「“祈”のレッドカーペット」が執り行われ、映画祭エグゼクティブディレクターの河瀬直美が参加した。

なら国際映画祭 for Youth 2021「“祈”のレッドカーペット」の様子。

なら国際映画祭 for Youth 2021「“祈”のレッドカーペット」の様子。

大きなサイズで見る(全4件)

なら国際映画祭 for Youth 2021「“祈”のレッドカーペット」の様子。

なら国際映画祭 for Youth 2021「“祈”のレッドカーペット」の様子。[拡大]

「“祈”のレッドカーペット」のオープニングでは、本映画祭のユースシネマプロジェクトに参加した13歳から18歳のユース全26名のうち21名が登壇。同プロジェクトでは、3グループに分かれて作品を作り上げる「ユース映画制作ワークショップ」、リム・カーワイ監督作「いつか、どこかで」の配給宣伝を行う「ユースシネマインターン」、ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門とショートショート フィルムフェスティバル&アジアとコラボレーションした「ユース審査員」という3つのワークショップが行われた。

芸術の力で次世代を担う子供たちの応援プロジェクトとして開催されるユースシネマプロジェクト。河瀬は「今年4回目の開催で、初回から参加してくれているユースのメンバーもいます。中学生だったメンバーが高校生になり、そしてまた中学生のみんなが参加する。『次の世代の人たちに伝えていきたい』と、まだ10代の子たちが次の世代を考えている。この人の営みが、私たち『なら国際映画祭』から続いていて、今日は春日大社で奉納をさせていただきます」「なら国際映画祭はまだまだ10年目です。1000年先の人たちにも届くような映画祭でありたいと思っています。規模だけが大きくなるということではなく、長く続けていくこと、そのことの大切さを、この奈良にいると私自身も感じています」と映画祭への思いを伝えた。

宮城茂雄による奉納演舞の様子。

宮城茂雄による奉納演舞の様子。[拡大]

「“祈”のレッドカーペット」では、琉球舞踊家として海外でも活躍する宮城茂雄による奉納演舞、琉球舞踊女踊り「諸屯(しゅどぅん)」の披露も。イベントの様子はYouTubeで配信中だ。

なお「ユース映画制作ワークショップ」で制作された3作品は、会期後に有料配信が予定されている。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

この記事の画像(全4件)

関連記事

河瀬直美のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 河瀬直美 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。